これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 健康、予防等

健康、予防等

健康寿命、75歳以上を目標 40年までに、厚労省研究会

厚生労働省の有識者研究会は28日、寝たきりで介護が必要な状態になるなど、健康上の理由で日常生活が制限されることがない期間を示す「健康寿命」を現状より3年以上延ばし、男女とも75歳以上となるように目標を定めた報告書を公表し …

きょうの健康 万病のもと!糖尿病徹底対策「要注意!低血糖」

糖尿病では血糖値が低下する低血糖にも要注意!重症の低血糖では脳卒中や心筋梗塞など命に関わることも!?特に注意する必要があるのが高齢者で、血糖値の管理目標も新しくなった。その目標値を丁寧に解説。また、低血糖を起こさないよう …

林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル

医師100人が選んだ「体にイイ回転寿司のネタBEST10」大発表 「サバ缶よりカルシウムが豊富な寿司ネタ」 「認知症リスクを○%下げる!?」 「花粉症の改善に期待!?」番組詳細全国の人気回転寿司店で調査!医師100人が選 …

きょうの健康 すっきり解消!睡眠の悩み「返上!“睡眠負債”」

日本人の睡眠時間は過去20年間にわたって減少している。睡眠不足が借金のように積み重なり「睡眠負債」になると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病やうつ病などの精神疾患のほか、近年では認知症の発症リスクを高めると指摘されている。 …

高齢者の肥満 筋力をつけるような運動が大切

昨年、日本老年医学会が高齢者の肥満症に関する診療ガイドラインを作りました。年を取っても、健康を保つにはどんな体形がいいのでしょうか。 一般に、肥満の判定に使われるのは、体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った数 …

サルコペニア肥満「負のループ」 運動で抜け出すには

「サルコペニア肥満」をご存じでしょうか? 内臓脂肪が多いのに筋力が弱い状態で、転倒、大腿(だいたい)骨の骨折、死亡などのリスクが高まります。こうしたリスクを避けるため、お年寄りが筋力をつけるのに効果的な運動とは――。NP …

先どり きょうの健康「あなたの体を総チェック!あなたの疑問に答えます!」

4月からより親しみやすくリニューアルした「きょうの健康」。第1週はあなたの体を総チェック。1日目は健康診断に関する疑問を大解決!一体どこに着目して結果を見たら良いのか?病気の予防につなげるための読み解き方や、正しい健診の …

健康寿命、75歳以上を目標 40年までに、厚労省研究会

厚生労働省の有識者研究会は28日、寝たきりで介護が必要な状態になるなど、健康上の理由で日常生活が制限されることがない期間を示す「健康寿命」を現状より3年以上延ばし、男女とも75歳以上となるように目標を定めた報告書を公表し …

きょうの健康 すっきり解消!睡眠の悩み「不快!むずむず脚症候群」

眠ろうとしても「あし」の不快感で眠れない。ふくらはぎや「あし」のむずむず感。「あし」の中を虫がはうような、じっとしていられないほどの不快感。この状態、もしかすると「むずむず脚症候群」の可能性が。加齢とともに患者数は増え、 …

高齢者の運転の現状と対応策

みなさんは高齢者と聞くどのようなイメージを抱きますか。先進国の国々では概ね65歳の方々を「高齢者」と呼びますが、国連では60歳と定義するなど、一律に高齢者と言う定義は明確なものはないようです。日本では保険制度からも65歳 …

« 1 2 3 4 103 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.