これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 健康、予防等

健康、予防等

ワクチン接種へ、いわき市がチーム 新型コロナ、高齢者対応準備

いわき市は8日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を円滑に実施するためのプロジェクトチームを設置した。・・・

郡山市がワクチン接種へチーム設置 新型コロナ、高齢者向けに準備

郡山市は12日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を円滑に行うためのプロジェクトチームを設置する。・・・

節酒に運動 認知症リスク最大6割減る5つの生活習慣

健康的な食事をとり、中強度から高強度の運動を定期的に行い、タバコを吸わず、飲酒は節度ある適量に抑えて、認知機能(脳)を刺激する活動を日常的に行えば、アルツハイマー型認知症の発症リスクは6割低下する可能性がある・・・

チョイス@病気になったとき 選「何とかしたい 冬のかゆみ」

冬の肌のトラブルといえば、多いのが乾燥によるかゆみ。しっかり保湿しているつもりでも、脚などから始まったかゆみが、なぜか悪化して全身に広がってしまうことがある。それは、体を洗い過ぎたり保湿剤の塗り方が間違っていたりするため …

家族と高齢社会の法 第14回「高齢期の医療と法」

高齢者は若年者と比べて医療を必要とすることが多くなる。少子高齢社会における高齢期の医療費の支え方、医療の高度化と高齢者のQOL、人生最終段階における医療(終末期医療)での高齢者の自己決定と家族との関係を素材としながら、高 …

生理心理学 第14回「脳の発達」

複雑な脳神経系は長い年月をかけた進化の結果できあがってきたものであり、また一個体のレベルにおいても劇的な発達を遂げる。私たちの複雑な脳が出来上がっていく過程、また脳の老化について学ぶ。

Medical Frontiers「アルツハイマー 予防への道」

認知症の7割近くを占めているアルツハイマー病。完治する治療法はいまだ確立していない。そこで、アルツハイマー病への進行を防ぐワクチンの開発が進んでいる。カギとなるのは、体に備わった免疫の機能。アルツハイマー病の発症に関わる …

フランス政府 高齢者へのワクチン接種を前倒しで開始へ

フランス政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種について、最優先としている高齢者施設の入所者に加えて、当初は来月からとしていた75歳以上の一般の高齢者などにも今月から接種を開始するなど、計画を前倒しで進める方針を打ち出し …

臨床心理学概論 第14回「福祉分野の心理臨床」

福祉分野における心理臨床について、児童福祉、障害者福祉、高齢者福祉の3つに分けて、基盤となる法規や制度、支援の対象、心理職の職務や期待される役割について概説する。

チョイス@病気になったとき「緑内障 最新治療情報」

眼球にかかる圧力(眼圧)が高いために視神経が圧迫され、視野が欠けるなどの症状が起きる緑内障。初期にはあまり自覚症状がないが、放置していると進行して失明に至ることもある。治療の基本は点眼薬で眼圧を下げること。しかし効果がな …

「声が出にくくなった」長引く外出自粛、高齢者に何が

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出を控える高齢者が増えている。重症化リスクがある高齢者に十分な感染対策は不可欠だが・・・

きょうの健康 特集 老化!○○が衰えると…「耳が衰えると…」

耳の老化は20代から始まり75歳以上では7割の人に難聴の症状があらわれる。加齢性難聴を放置すると、脳への刺激が少なくなり、認知症のリスクも高くなる。早期に発見し、補聴器で聞こえを改善することが重要。さらに最近では人工内耳 …

BS1スペシャル「私たちのデジタル医療革命2021」

コロナ・ショックを追い風に、急激に進む医療のデジタル変革。がんや認知症の超早期発見AIとは?高齢者率5割の山村を救うデジタル実証実験とは?番組はAIやIoT、VRなどのデジタル技術を活用し、日本の医療が抱える課題解決への …

家族と高齢社会の法 第14回「高齢期の医療と法」

高齢者は若年者と比べて医療を必要とすることが多くなる。少子高齢社会における高齢期の医療費の支え方、医療の高度化と高齢者のQOL、人生最終段階における医療(終末期医療)での高齢者の自己決定と家族との関係を素材としながら、高 …

筋肉減らさない酒のつまみは? 「夜筋トレ」にも注意

せっかく筋トレをしても、直後にお酒を飲んでしまうと、その効果が・・・

« 1 2 3 4 131 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.