これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 労働力

労働力

経団連会長「定年の概念」なくなるとの考え

経団連の中西会長は、働く意欲のある高齢者に働く場を増やしていく動きが広がる中で、今後、「定年という概念がなくなっていく」との考えを示した。・・・ 情報源: 経団連会長「定年の概念」なくなるとの考え|日テレNEWS24

「最高齢プログラマー」と呼ばれて ITの先端伝えたい

81歳でiPhoneのアプリを開発し「世界最高齢のプログラマー」と呼ばれた女性がいる。若宮正子さん(84)だ。「シニアにこそ情報技術(IT)を使ってほしい」という思いから、国内外での講演や本の執筆など活動の幅を広げ、自ら …

超高齢社会の課題解決、革新的ビジネス手法を

静岡県の65歳以上の高齢化率(4月1日時点)は29.1%、後期高齢化率(総人口に占める75歳以上人口の割合)は14.8%といずれも過去最高を記録した。高齢者人口に占める後期高齢者の割合は50.9%と、高齢者の半数以上が7 …

厚生年金は長く働けば増える 実は支え手も増えている

今月のマネーハックのテーマは「年金」です。国による年金の財政検証結果(年金制度の将来見通し)から、年金に関する最新の「読み方」「つきあい方」を考えています。・・・ 情報源: 厚生年金は長く働けば増える 実は支え手も増えて …

正月用しめ飾り作りピーク 大館市田代の高齢者グループ

秋田県大館市田代地域の高齢者グループ「寿会」(虻川重美会長、15人)による正月用のしめ飾り作りがピークを迎えている。同市早口の田代老人福祉センターでは8日、70、80代の会員10人が作業に励んだ。・・・ 情報源: 正月用 …

訪日客にシニアが日常体験提供 佐賀・嬉野市

インバウンド(訪日外国人)の「コト消費」熱が高まっていることを受け、佐賀県嬉野市はスタートアップのTRIPLUS(トリプラス、横浜市)と連携協定を結んだ。同社が運営するインターネット・サイトで嬉野市在住の50歳以上のシニ …

働く高齢者の年金減額基準「月収50万円台前半」で調整

働いて一定の収入がある60歳以上の厚生年金を減らす「在職老齢年金制度」について、厚生労働省は減額対象の基準を月収50万円台前半に引き上げる方向で調整に入った。当初は「62万円超」まで引き上げる案を軸に検討したが、与野党か …

人生の楽園「天日干しのおむすび食堂~新潟・胎内市」

新潟県胎内市が舞台。昔ながらの天日干しで「はさがけ米」を作っている緒形文一さん(70歳)と、その美味しさを知ってもらおうと農家レストランを開いた妻の貞子さん(66歳)が主人公です。共働きのご夫婦は、文一さんの実家の米作り …

高齢者採用「絶対ほしい人・不要な人」の分岐点 働きたいのに、働かせてもらえない

定年後、再雇用される人材とされない人材はどこが違うのか。日本総研の小島明子氏は、「働く意欲のある高齢者のうち、約2割は働いていないという実態がある。大事なことは、成長意欲を忘れずに、専門的な能力・スキルを磨き続けること」 …

スタバ店員、車いすでも高齢者でも 東京・南町田で実験店舗

スターバックスコーヒージャパンは、初のバリアフリー店舗となる「南町田グランベリーパーク店」(東京都町田市)を13日にオープンする。車いすを使う人や高齢者でも働きやすい職場をめざした実験店舗だ。・・・ 情報源: スタバ店員 …

1 2 3 109 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.