これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 労働力

労働力

経験豊富・成熟した社交術…米バイトの主役、若者からシニア世代に

放課後になると、レストランのアルバイトは不機嫌な10代の若者ばかり。かつてはこうした風景が定番で、カーリーフライ(らせん状のフライドポテト)と同じくらいアメリカ的なポップカルチャーの象徴と見なされていた。・・・ 情報源: …

高齢化する米労働者、本当に「重荷」か

エコノミストが言う「高齢依存比率」とは、労働者と定年退職者の割合をおおまかに示すものだ。 「高齢」と分類される65歳以上と15─64歳の人数の比率を表すが、健全な方向に向かっているとは言えない。2040年までに、米国では …

「70歳以上まで働く」3割に 老後に不安77%

日本経済新聞社が初めて実施した郵送世論調査で、70歳を過ぎても働く意欲を持っている人が3割を占めた。働いている人に限定すると37%に上る。2017年の70歳以上就業率(15%)を上回り、高齢者就労を促進する政府の取り組み …

教員支援へ都が人材バンク…OBら登録し派遣

長時間労働が問題になっている教員の働き方改革を進めるため、東京都教育委員会は、部活動や課外授業など公立校の教職員の業務を一元的に支援、代行する「教育財団」を創設する。教員OBや地域の高齢者らを財団の「人材バンク」に登録し …

仕事したい上限年齢は「61~65歳」が最多 内閣府調査

内閣府が18日に発表した「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査」で、何歳頃まで収入を伴う仕事をしたいか(退職者には退職した年齢)を尋ねたところ、「61~65歳」が30・7%で最多だった。安倍晋三政権が人生100年時代 …

人生の楽園「趣味を楽しむ田舎暮らし~和歌山・橋本市」

大阪との県境に位置する和歌山県橋本市が舞台。高野山を望む自然豊かな山間で、地域の方々と密に交流し田舎暮らしを楽しむのが、主人公の谷山育さん(69歳)と妻の悦子さん(69歳)。実は便利な大阪の住宅街に自宅があり、和歌山の山 …

シルバー人材減る登録 旭川のセンター 定年延長や再雇用拡大で

企業や一般家庭から依頼された仕事を高齢者に紹介する「旭川市シルバー人材センター」(春光町)の登録会員が減っている。企業の定年延長や再雇用が広がり、働き手の確保が難しくなったため。増える依頼に応えるため、センターは・・・ …

70歳以上の雇用 4社に1社 人手不足や意欲的な高齢者増 背景

定年後の雇用継続や定年制廃止により70歳以上が働ける群馬県内企業の割合は4分の1に当たる25.7%に上ることが、群馬労働局の調査で分かった。高年齢者雇用安定法が企業に雇用を義務付けているのは65歳までで、高い割合の背景に …

日本のお年寄りはなぜ働くの? 働かざるを得ないのか、働くのか好きなのか

日本経済は中国よりも早くに発展し、成熟を遂げたと言える。それゆえ現在も経済発展を続ける中国からすると日本は様々な面で参考となる姿があるようだ。中国メディアの今日頭条は7日、「日本で加速する高齢化と高齢者の働き方」に着目し …

「70歳雇用」に定年制の壁 賃金・中途など広く改革を

ポイント ○継続雇用の年齢引き上げでは効果不透明 ○転職経験が定年後の働き方の選択に影響 ○賃金システム改革へ定年制廃止も選択肢 安倍政権の最大のチャレンジと位置付けられている全世代型社会保障の改革の・・・ 情報源: 「 …

1 2 3 64 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.