これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 労働力

労働力

シルバー人材に女性の参加続々 「鹿児島方式」に熱視線

高齢女性の社会での活躍に向けた鹿児島市シルバー人材センターの取り組みが注目を集めている。美容講座やファッションショーで会員は急増。かつての経験を生かし、子育てや介護のケアにあたる人もいる。「鹿児島方式」が各地に広がりつつ …

お年寄り支え合いにポイント

◆狛江市、地元野菜など贈る 高齢者を支援した高齢者にポイントを付与します――。東京都狛江市は2019年度、市内にある特別養護老人ホームなどでボランティア活動をした65歳以上の市民に、1回1ポイントを与え、10ポイント集め …

定年退職後も働く人 働かない人より健康で長生き

定年退職といえば、これまでは60歳が一般的でしたが、今は、それ以降も働く人が増えています。慶應義塾大学の岡本翔平氏らは、日本人男性を対象として、60歳以降も仕事を継続している人とそうでない人の、死亡と認知機能低下、脳卒中 …

横浜町シルバー人材センターが発足 青森県内23番目

4月1日から運営を開始する、横浜町シルバー人材センターの事業発足式が15日、町ふれあいセンターで開かれ、会員や関係者44人が事業の成功と発展を誓った。青森県シルバー人材センター連合会によると、県内で23番目の事業所になる …

日本CHO協会 公開シンポジウム『シニアが活躍する社会と企業への道程』3月26日 開催

人事部門の役割と機能を探求し「CHO(チーフ・ヒューマン・オフィサー)=最高人事責任者」と次世代CHO候補者の育成を目指す「日本CHO協会」(運営主体:株式会社パソナグループ)は、公開シンポジウム『シニアが活躍する社会と …

人生の楽園「宿場町の学校カフェ~兵庫・篠山市」

兵庫県の中東部に位置する篠山市が舞台。自宅で焼き菓子工房を開き、廃校した小学校でカフェを始めた原田久美子さん(58歳)が主人公です。 お菓子作りが大好きな久美子さん。結婚して2人の子どもが生まれてからは、誕生日のケーキを …

長野県 佐久穂でやるべき「六つのこと」 外国人向けガイドマップ配布

佐久穂町に外国人観光客を呼び込む方法を探っている同町の住民団体「S.I.T.E.(サイト)」が外国人向けガイドマップを作り、13日、町内で配り始めた。観光スポットの他、「町内でやるべき六つのこと」として、住民が開いている …

郵政、65歳定年制導入で妥結 非正規の待遇も改善

日本郵政と国内最大の単一労組「日本郵政グループ労働組合」(JP労組、組合員約24万人)は14日、2019年春闘で、65歳定年制の導入や、一部の非正規社員に扶養手当を支給することなどで妥結した。定年延長は人手不足などを背景 …

シニア社員にベア7万円 JR西、再雇用後の待遇改善

JR西日本は13日、2019年春闘交渉で、60歳の定年後に再雇用したシニア社員について、月額7万円のベースアップを回答した。20年4月から働き方改革関連法で求められる「同一労働同一賃金」を先取りしようと、ベテラン社員の待 …

62歳、救命士から准看護師に 高齢者施設勤務の消防OB

京築広域圏消防本部(豊前市)の救急救命士だった高浜寿生さん(62)=吉富町小祝=が定年退職後、吉富町の特別養護老人ホーム「さくら苑」に勤務しながら豊前築上医師会看護高等専修学校(豊前市)を7日に卒業し、13日に准看護師試 …

1 2 3 73 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.