これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 労働力

労働力

80歳現役、リストラに負けない7人のシニアSE

「60歳を過ぎても最前線で働き続けたい」。こんな意欲を持つシニアが増えている。人手不足もあって、雇う立場のIT企業も定年延長などに動く。シニアと会社の利害関係が一致するかのようだが、現実はそう単純ではない。自身の体力、年 …

定年再雇用で給与が下がったら

定年再雇用で給与が下がったら… 給付金でカバー スキルアップには助成金2018/8/12 65歳以上で仕事を探す人には、高年齢求職者給付金という仕組みがある。従来、受給は1回のみ可能だったが17年に制度が改正。65歳以上 …

マンション管理や警備、シニア職場も人手不足 応募細り賃上げ進む

定年退職者の再就職が多いシニア職場の人手不足が深刻になっている。マンション管理人の応募が年1割以上減っているほか、警備、清掃といった業種でも人手不足が目立つ。定年延長の動きに加え、他業種がシニア向け求人を増やしているため …

人生の楽園「昭和の情景ミニチュア~埼玉・鳩山町」

次回は自然豊かなベッドタウン、埼玉県比企郡鳩山町が舞台。閑静な住宅街にある一軒家の一室で、日々小さな小さな「昭和の世界」を作る、山際正幸さん(67歳)が主人公です。作っているのは昔懐かしい木造の学校や、駄菓子屋さんなどの …

人を励ます音色を バイオリニスト大谷康子が自伝出版

デビューして43年のバイオリニスト大谷康子さんが7月、初の著書を出版した。自演のCDを付属した自叙伝的な本だ。クラシック音楽を高尚なものと捉える風潮に流されず、誰をも楽しませ感動させる演奏家としての人生を書いた。テレビの …

東京都、シニアの就業を支援 企業派遣や講座

東京都は10日、シニアに活躍の場を提供する取り組みを始めると発表した。シニアと企業を引き合わせるなど、就業を支援するプロジェクトを10月に立ち上げる。首都大学東京では2019年4月から、シニア向けに1年間の就学制度を導入 …

定年後は「グランドシッター」 シニア男性、子育て支援に参加 人事など仕事経験生かす

地域の子育て支援でシニア世代が活躍している。育児経験のある女性が担うことが多かったが、男性が積極的に参加する事例も増えてきた。長い仕事人生で培ったマネジメント能力や対人スキルなどを生かして世代を超えて交流すれば、シニアに …

早期退職で起業もいいけれど 定年後ならより生き生き

最近は若い人よりもむしろ年配のシニアが起業するケースが増えています。私自身は会社を定年まで勤めた後に起業しました。多くの人にも定年後の起業を勧めています。 その理由は定年後なら退職金も年金もあるので、仕事がなくてもたちど …

ママは起業家 「非主流」が突破口に

「僕の人生は69歳からスタートした」。リチウムイオン電池開発・製造のエリーパワーの吉田博一社長(80)は振り返る。 旧住友銀行(現三井住友銀行)で副頭取まで務めた。65歳を迎え、「自分はまだやりきっていない」という思いが …

働いて笑おう50代 パソナ系などが意欲刺激の研修

50代の社員に特化し、働く意欲を高める研修や学びの機会を提供する企業が増えてきた。パソナグループの子会社は3カ月間の長期研修で起業・副業などに目を向けてもらうプログラムを今秋から始める。一定の年齢になると管理職から外す制 …

« 1 2 3 36 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.