これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 労働力

労働力

悩まない40歳からの転職 エージェントはこう使え

40代以降の転職活動は、20代、30代とは違い、一気にその難易度が高まります。需給バランスの変化はもちろん、企業からの期待値の高まりや、世帯主の場合には教育や介護など家族環境も変化しやすく生活コストがかさみがちで、結果的 …

シニアスタッフが訪日客の買い物を外国語でサポート マイスター60の「おもてなしシニア隊」が中小企業の海外向けテストマーケティングを支援 2月2日より大阪あべのハルカスにて訪日客への販売員として接客

高齢者の就労支援を行う株式会社マイスター60(本社:東京都港区、社長:小倉 勝彦)は、2018年2月2日(土)より大阪 あべのハルカス近鉄本店へ、多国籍言語によるコミュニケーションが可能なシニアや女性人材を活用した「おも …

「70歳現役都市・浜松」 6日に宣言式

◆官民一体 「健康」など3本柱浜松市は、市民が七十歳になっても現役を続けられる都市を目指して浜松商工会議所、市シルバー人材センター、市社会福祉協議会と「七十歳現役都市・浜松」を共同宣言する。六日に宣言式を行い、就労環境整 …

『シニア歓迎』の正社員求人は東高西低「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.26」

情報サイト開発・運営の株式会社キャリアインデックスは、「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.26」を発表しました。・・・調査結果では、「Leadle(リードル)」に “掲載中“とされている正社員の求人情報の …

高齢者雇用ミスマッチ 求人増でも重労働… 北九州シルバーセンター72・8歳 経験生かした仕事創出へ [福岡県]

北九州市シルバー人材センター(小倉北区)に、高齢化の波が押し寄せている。1989年に67・9歳だった会員の平均年齢は72・8歳に。経験豊富な高齢者に活路を見いだそうと、労働力不足に悩む企業側の求人は増加傾向にあるが、高齢 …

子どもみんなで支える:シニアの力で笑顔に 加須で2カ月に1回、食品配布事業

加須市の元銀行員、鈴木一男さん(66)が仲間と「こども食堂応援隊」を結成し、子どもがいる生活困窮世帯に食品を配布する事業を始めた。子どもの貧困の現状を知った鈴木さんが「見て見ぬふりはできない」と立ち上がったのがきっかけで …

信越化が定年65歳に延長、大手化学で初 製造現場の人材不足に対応

信越化学工業は4月から定年年齢を現行の60歳から65歳に引き上げる。再雇用制度から仕組みを切り替え、60歳以降の給与として、59歳時点の80%を支給する。・・・ 情報源: 信越化が定年65歳に延長、大手化学で初 製造現場 …

ワールドテックがシニア指導者1・5倍へ

技術指導や研修業務を手掛けるワールドテック(本社名古屋市、寺倉修社長)はこのほど、本社を名古屋の伏見地区から栄地区に移転した。業務拡大に対応するのが目的。同社はトヨタグループ企業を定年退職した技術者を中心に、シニア指導者 …

年金開始、75歳も選択肢に 毎月の受取額は2倍

厚生労働省は公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入った。毎月の年金額は65歳開始に比べて2倍程度とする方向だ。いまは70歳開始が上限だが、一段と高齢になってから年金をもらう選択肢をつくる。働く …

高年齢者雇用安定法

2006年施行の改正法では企業に対し、定年の引き上げか廃止、または定年を迎えた社員を再雇用する継続雇用制度で原則65歳まで働けるようにすることを義務づけた。・・・ 情報源: 高年齢者雇用安定法  :日本経済新聞

« 1 2 3 4 68 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.