これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 労働力

労働力

スイカ収穫、アシストスーツが助けます

スイカの生産が盛んな山形県大石田町で、人の動作を助ける「パワーアシストスーツ」を導入し、収穫作業の負担軽減を図る取り組みが始まった。農家の高齢化が背景にあり、利用者からは「重いスイカが楽に持ち上げられる」と評判だ。 7月 …

90歳到達、女性の2人に1人

将来の厚生年金受給額が保険料負担を上回るには何歳まで生きればいいでしょう。例えば106万円の壁を超えて年収110万円で10年働いた場合、壁を超えない105万円での働きに比べ、計算上83歳前後で厚生年金の合計受給額が保険料 …

高齢者が起業・再就職 日本は「人生100年時代」へ

中国では、高齢者で再就職する人は少数派だ。だが早くも「少子高齢化社会」に突入した日本では、働く高齢者が少しも珍しくない。日本の高齢者はどんな仕事に就いているのか。働く目的は何だろうか。「銭江晩報」が伝えた。 ▽同僚は全員 …

老後に働きすぎると年金は支給停止になる

定年後も働くなら知っておきたい「年金の支給停止」という制度。いくら稼いだらいくら年金がストップするのか。2019年60歳を迎える3夫婦の貯金額の推移と貰える年金総額をシミュレーションした――。 年金と貯蓄では破綻するかも …

相次ぐシルバー起業、第2の人生で夢を追う

人生100年。定年まで勤め後は悠々自適、家族との時間を取り戻し趣味に生きる。それもいい。しかし、企業で蓄積した経験や知識、人脈を生かし起業に挑戦する人たちもいる。リスクは高い。それでも挑戦する人たち。このシリーズではそん …

働くシニアに給付金 下がった給与の一部をカバー

長寿化が進み、定年退職後もなんらかの仕事に就いて収入を得る人が増えている。60代前半ではおよそ3人に2人が就労しており、長い老後に備えて家計改善に取り組んでいる。シニアが働く際は、雇用保険制度などから一定額の給付金を受け …

シニア就労 給付金を活用 定年転職や技能習得に

長寿化が進み、定年退職後もなんらかの仕事に就いて収入を得る人が増えている。60代前半ではおよそ3人に2人が就労しており、長い老後に備えて家計改善に取り組んでいる。シニアが働く際は、雇用保険制度などから一定額の給付金を受け …

人生100年時代、老後生活に「悲観的」61.1% 「100歳まで生きたいと思わない」約8割

政府は2017年9月から「人生100年時代構想会議」を開催し、人生100年時代を見据えた経済社会システムを創り上げるための政策のグランドデザインを検討している。会議で示された資料によると、海外のある研究で、2007年に日 …

人生の楽園「70歳で始めたパン家さん~岐阜・下呂市」

舞台は岐阜県下呂市。市の北部にある小坂町で、去年パン屋さんをオープンした 岡﨑昌彦さん(70歳)と妻の仁子さん(63歳)が主人公です。 小坂町に生まれた昌彦さんは中学を卒業後、名古屋へ。定時制高校に通いながら工場で働いて …

経財白書要旨 第2章、人生100年時代の人材と働き方

情報化の進展を背景に、あらゆるモノがネットにつながるIoT、人工知能(AI)、ロボットがより高度な作業を担うことが可能となる中、技術革新を担う高度な人材をいかに育成していくかや、新技術の導入に対応し働き方を見直していかに …

« 1 2 3 4 36 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.