これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 労働力

労働力

第二の人生、人のために! 自治体の制度使えば便利

介護現場での人手不足は深刻だ。職員1人当たりの業務量が増え、身体介助などの本来業務に支障が出ている例も目立つ。未経験のシニア層は一般的に職員に比べて業務の専門性や体力が劣るが、補助作業を担うことで、現場全体の労働負荷を軽 …

シニア人材の面談会 富山3信金 顧客企業向け、35人参加

富山信用金庫(富山市)、新湊信用金庫(富山県射水市)、にいかわ信用金庫(同県魚津市)は14日、富山市でシニア人材と顧客企業をつなぐ「シニア人材マッチング交流会」を開いた。各信金の顧客企業13社と50~60代を中心とする3 …

家族と高齢社会の法 第11回「仕事と社会参加」

人生90年時代において、高齢者も活躍する社会を描いた法政策を理解する。自立(律)した高齢期を支える仕事をめぐる課題について勉強する。家族の姿が変容しつつあるなか、支え合いの機能を地域のコミュニティが担えないかが模索されて …

労働経済 第11回「高齢者と労働」

年功に経済合理的意味を与えた労働経済学の理論も紹介する。一方、そのような人事・処遇制度において生じる高齢者雇用の問題を取り上げる。 12月13日(水) 14:30~15:15 (45分) 放送大学 番組情報:労働経済 第 …

新潟・聖籠町の近藤商店、サケ加工の新工場建設

ナマコやカキの水産加工を手掛ける近藤商店(聖籠町)は来春、サケの水産加工を手掛ける新工場を聖籠町内に稼働させる。投資額は約4億円。地元で採れたサケを使ったフレークなどの加工品に対する引き合いが高まっており、新工場を建設し …

山形大、山形でレモン試験栽培 豪雪地の廃校利用

山形大学は、豪雪地帯の廃校でレモンなど南国系果実の試験栽培を始める。さくらんぼ、ラ・フランス、ぶどうなど果実王国を誇る山形県だが、寒冷地のためミカンなどかんきつ系はほとんどない。地元製材所が廃校に設けた、樹皮や端材を燃や …

古民家再生へ鑑定士 高齢者を対象に育成 観光活用、古河で本格化

古民家を再生して宿泊施設やレストランなどに活用する動きが広がっている。古河市の団体は、古い木材が使われている家屋の価値を評価する「古民家簡易鑑定士」の育成を、シルバー人材センターを対象に始めた。日本の伝統的建築を残すとと …

ボランティア 地域支える 草刈り・力仕事…住民連携 活動団体増、間口広く

新潟県内で地域の草刈りや力仕事を担うボランティアが活躍している。新潟市秋葉区ではシニアの男性陣からなるグループが今春発足、上越市では中山間地を中心に活動する団体が発足から3年目を迎え、登録団体が14に増えた。高齢化や過疎 …

人生100年時代のグラットン氏 「生き方柔軟に」

政府の人生100年時代構想会議のメンバーでロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏は8日、都内で講演し、「社会の変化に対応できるように、生き方は柔軟に変えていかなければならない」と語った。PwCコンサルティン …

心理学概論 第10回「産業心理学」

成人の生活の中で、働くことは大きなウェイトを占めている。仕事は成人の生活を経済的に安定させるだけでなく、彼らの成長や幸福感に影響したり、心身の病の原因になったりもする。仕事が人に及ぼす悪影響をできるだけ取り去り、人の満足 …

« 1 50 51 52 54 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.