これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 商品、サービス等

商品、サービス等

ボッチャ、老いも若きも=ルール簡素化、地域で大会

2020年東京パラリンピック開幕まであと1年に迫る中、正式種目「ボッチャ」が、障害の有無や年齢に関係なく楽しめるスポーツとして幅広い層に広がっている。3世代で楽しめるよう自治体がルールを簡素化し、子どもや高齢者らが交流し …

小型でも冷凍室たっぷり ツインバード冷蔵庫の魅力

一般的な小型冷蔵庫は「冷凍室は最低限」という製品が少なくない。しかし、ツインバード工業の2ドア冷凍冷蔵庫「ハーフ&ハーフ」(HR-E915PW)は、冷凍室を優先して考えた小型冷蔵庫だという。・・・最近、シニアの一人暮らし …

イデコ加入、65歳まで延長へ 高齢者の就業増に対応

厚生労働省は23日、個人型確定拠出年金(イデコ)の制度の見直し議論を始めた。65歳まで加入できるよう年齢制限を見直し、全ての会社員が入れるように手続きを簡素にする。少子高齢化で公的年金の先細りが避けられない一方、就業する …

電動カート シニアの健康応援 輪島 運動施設へ毎週送迎

輪島商工会議所は二十八日から、輪島市内で運行している電動カート「WA-MO(ワーモ)」を活用した「シニア世代の健康づくり」事業を始める。期間は十一月末まで。今後高齢者が健康増進のためにワーモを気軽に活用できるよう、シニア …

天然素材の香り商品シリーズ化へ 化粧品のルバンシュ

化粧品の製造・販売を手掛けるルバンシュ(石川県能美市)は2020年4月、高齢者らが口に入れても害のないハンドソープを発売する。化学薬品を使わず、天然原料から抽出した精油を添加する。原料は農家から自社で直接調達し、新たに導 …

旧校舎でお年寄り交流 神石高原

広島県神石高原町永野のながの村自治振興会は、旧永野小の校舎で高齢者向けの交流事業をしている。高齢化率が高い地域での生きがいづくりを目的に今春から週1回、食事会を開催。21日から体操教室も加・・・ 情報源:旧校舎でお年寄り …

老後2000万円の不安解消 複業と投資の合わせ技で

老後のためには約2000万円の蓄えが必要――。金融庁の審議会報告書が試算した数字をきっかけに、リタイア後の生活に不安感が広がっている。会社員が自助努力で老後資金を準備するには、どのようにマネープランを立てればよいのか。『 …

シニアのためのお仕事相談会

65歳以上で働く意欲のある高齢者向けに『シニアのためのお仕事相談会』が21日、玉名市役所で開かれました。県などが、老後の生きがいや収入などに不安を感じる高齢者の就業をサポートしようというものです。相談者からは「守衛や警備 …

自分の目でピントを探す老眼鏡“ピントグラス”から待望の【軽度レンズ】が8月下旬より発売開始

小松貿易株式会社(本社:大阪府大阪市)は、3月に販売を開始した、自分の目でピントを探す老眼鏡「PINT GLASSES(ピントグラス)」に、「軽度レンズ」搭載のフレーム4タイプを新たにラインナップに加え、8月下旬より発売 …

お店が“ハイテク化”する一方で求められる「高齢者対応」という課題

お客の利便性向上や人材難に対応するため、小売り・外食チェーンでは店舗の“ハイテク化”を進めている。さまざまなアプリと店舗サービスを連動させたり、これまで従業員が行ってきた作業を機械などに行わせたりといったことが柱だ。 ・ …

1 2 3 226 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.