これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 商品、サービス等

商品、サービス等

人生100年だから資産寿命も長く 低リスク投信に注目

価格変動リスクの小さい「低リスク型ファンド」に安定的に資金が流入している。金融庁が重視する「顧客本位の業務運営」を意識した金融機関が低リスク型ファンドを改めて評価し、販売に注力しているためだ。高齢化時代に対応した資産運用 …

励まし合って健康づくり 松本大、原村と協定

松本大学と長野県原村は22日、村民の健康増進で協定を結んだ。松本大が歩数や消費カロリーを計測する活動量計を村民に貸し出す。データはパソコンやスマートフォン(スマホ)で互いに確認できる。村民同士で励まし合いながら健康づくり …

オリックス生命、契約復活手続きを音声案内

オリックス生命保険は5月中にも、書面のバーコードを読み取ると顧客の契約内容を音声で読み上げるサービスを始める。高齢の契約者らの利便性を高める。まず契約の失効や復活の手続きを通知する書面で始める。保険料の支払い案内や控除証 …

女子スポーツ振興社団法人を設立

県内の女子スポーツの振興や幅広い世代の健康増進のため、一般社団法人「ウーマンズ・スポーツプロモーション・サポート」(中央市)が先月2日に設立された。 協力団体になっている日本体育大学や山梨大学、東京女子体育大学などに講師 …

高齢者がかかりやすい病気を専門医48人が徹底解説!『差がつく70歳からの病気 サインと最新治療』発売

朝日新聞出版は5月21日、『差がつく70歳からの病気 サインと最新治療』を刊行します。将来の病気リスクへの備えとして、70歳以降にかかりやすい28の病気を取り上げ、そのサインと最新治療をそれぞれの病気の専門医が解説します …

弁護士、高齢者に寄り添う存在に

認知症の患者は2025年には700万人に達するといわれている。一人暮らしの高齢者の割合も女性では20%を超え、今後男女とも伸びそうだ。急速な高齢化で、親族の支援を得られない高齢者は今後も増えていくとみられる。本格化した高 …

VR旅行、お年寄りの窓に 「思い出の場所に行きたい」実現 横浜の元介護職員が活動

VR(仮想現実)の技術を使い、外出が難しいお年寄りに、思い出の地や観光地を巡る「仮想旅行」を体験してもらう活動が始まっている。横浜市の元介護職員、登嶋健太さん(31)が撮りためてきた各地の映像に加え、今夏からは全国の元気 …

レトルトカレー、ルー超えた 時短ニーズ、追い風 17年売上高

電子レンジなどで手軽に調理できるレトルトカレーの人気が高まっている。民間調査会社によると、2017年の売上高が初めて固形のルーを上回った。共働き世帯の増加などで時短ニーズが高まっていることが背景という。メーカーは少量タイ …

モデルは座頭市…スポンジの剣で戦う新スポーツ

目が見えない状態でスポンジの剣を持って相手と戦う新スポーツ「ZATO1(ザトーイチ)」が、宮崎県内で人気を集めている。 大人や子ども、視覚障害者が「真剣勝負」を楽しむことができ、6月には宮崎市で大会が計画されている。 ザ …

(自遊時間)榊原金市さん、池田令子さん

■Reライフ 人生充実 好きなことに打ち込み、その楽しさを誰かに届け、喜びを共有できたら――。そんな思いで仕事や子育てを終え新たな世界に「デビュー」した人がいます。古代建築の魅力を伝える講師になった男性と、手作り絵本のサ …

1 2 3 50 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.