これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 商品、サービス等

商品、サービス等

「スマホ老眼」世代にも、シニア世代にも対応の新度数レンズを同時リリース!

スマホの爆発的な普及によって、スマホを長時間使用する20代・30代、さらには10代の若者までもが、老眼者のように、手元のピントがあいづらい…と、いわゆる「スマホ老眼」が今ひとつの社会問題となっているのは周知の通り。ハイブ …

平成最後、令和最初の1年生入学 丹波OB大の開講式

兵庫県丹波市、篠山市在住の60歳以上の高齢者が福祉や丹波地域の文化などを学ぶ「丹波OB大学」「丹波OB大学大学院」の開講式が17日、丹波市柏原町柏原の丹波の森公苑であった。平成最後、令和最初の1年生計37人が式に臨み、在 …

ヘルスケア産業参入後押し 県が研究会設立へ:福井

健康寿命を延ばすことを目的としたヘルスケア産業への参入を後押ししようと、県は本年度、企業や大学などの関係者でつくる研究会を新たに立ち上げる。「高齢者の生活支援」と「健康増進器具・サービスの開発」をテーマに、市場調査を経て …

「金融老年学」協会設立 高齢者対応の専門家育成

野村ホールディングスと三菱UFJ信託銀行、慶応大学は高齢顧客へ対応強化に向けた新組織「日本金融ジェロントロジー協会」を設立し、今月下旬に初の総会を開く。認知機能の低下といった年齢を重ねる影響を分析し、金融機関の適切な資産 …

健康・介護の課題で協力 関東経産局と厚生局

関東経済産業局と関東信越厚生局は17日、健康や介護分野の課題解決で協力する覚書を結んだ。両局の担当者が自治体などを訪問して地域の介護事業者などが抱える課題を掘り起こし、解決策を提供できる企業と引き合わせる。民間の力を活用 …

70歳以上も厚生年金、減額和らげる「痛み止め」

会社員、公務員などのうち主に正社員が加入する厚生年金について、厚生労働省は加入期間を延ばすことを検討している。現行の加入期間は70歳未満だ。これをたとえば75歳までに引き上げることを考えている。制度改革には国会による関連 …

所さん!大変ですよ「この春オススメ鉄道旅 人気駅弁が続々登場」

最近、シニアを中心に人気となっている弾丸☆駅弁旅を木村佳乃が大調査!博多から鹿児島まで列車を乗り継ぎながら名物駅弁に舌鼓。創業125年の鮎料理専門店特製の「鮎駅弁」や地域を危機から救った「奇跡の駅弁」が登場!この春オスス …

活動10年、“治療”3000件 焼津の「おもちゃ病院」

壊れた玩具を無料で修理する焼津市のボランティアグループ「おもちゃ病院Yaizu」が修理件数3千件を達成した。今月10周年を迎えた活動は、子どもたちに喜びを与えるだけにとどまらず、ものづくりや科学への興味を育む取り組みにも …

ゆめさが大学に400人入学

シニア世代の学びの場「ゆめさが大学」の入学式が16日、佐賀市日の出の佐賀市文化会館で開かれた。同大学院への入学生を含む約400人が、新たな学びへの意欲と決意を胸に、式典に臨んだ。 学長を務める山口祥義知事は「仲間をつくり …

スイッチで見える文字の大きさが変わる高齢者必携の眼鏡

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、眼鏡ライターの伊藤美玲が出演。最近の進化した新しい眼鏡について語った。黒木)今週のゲストは眼鏡ライターの伊藤美玲さんです。眼鏡は踏んでも割れないなど進化し …

1 2 3 182 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.