これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 商品、サービス等

商品、サービス等

NPO法人「ささえあい」 シニア対象に有料職業紹介事業開始

NPO法人のささえあい(事務局=名古屋市中村区)は、シニアを対象にした有料の職業紹介事業に乗り出す。3月から大手製造業などの退職者の登録をスタートし、半年後に500人規模の登録を目指す。キャリアアドバイザーが登録者の就労 …

県シニア大学の学生募集 長寿社会開発センター

長野県長寿社会開発センター(長野市)は2019年度の長野県シニア大学の学生を募集する。受講期間は2年で年間学習日数が15日の「一般コース」は授業料が年1万円、3月15日まで募集。・・・ 情報源: 県シニア大学の学生募集  …

大道芸、笑顔届けて四半世紀 飯田の84歳・宮島さん「最後まで芸を」

アマチュア劇団をつくり、飯田下伊那地域の社会福祉施設を毎週訪ねて大道芸などを披露してきた飯田市大門町の宮島節男さん(84)の活動が、25周年を迎えた。58歳の時に心筋梗塞で生死をさまよい、「残りの人生は神様が与えてくれた …

好感持たれる話し方は 県社会福祉協議会、語り部養成研修

県社会福祉協議会県いきいき長寿センターのシニアタレント・語り部養成研修会は21日、富山市の県民共生センターで始まり、約70人が好感の持たれる話し方を学んだ。 フリーアナウンサーの市井啓子さんが「楽しく魅せる~コミュニケー …

要介護手前の「フレイル」予防 健栄研が摂津市で健診

国立健康・栄養研究所(健栄研、東京・新宿)は高齢者が要介護となる手前の状態の「フレイル」予防のため、大阪府摂津市で健康診断を始める。筋肉量に着目し、40~74歳を対象にフレイルとメタボを保健指導するのが特徴だ。健栄研は同 …

高齢者向けシェアハウスで「シニア食堂」 ランチ作りやゲームなどで交流

東武野田線塚田駅近くにある高齢者向けシェアハウス「オルシェ塚田」(船橋市前貝塚)で2月14日、「シニア食堂」が行われた。主催は「京葉エステート」。 千葉県流山市を拠点に活動を展開するNPO「東葛地区婚活支援ネットワーク」 …

高齢者の買い物支援にIT活用

お年寄りなどの買い物を代行してくれる人を、IT(情報技術)を活用して探すシステムを長野県御代田町のケアマネジャーが開発した。近隣住民に自分の買い物のついでに依頼するため、コストはほとんどかからないという。・・・ 情報源: …

スマートウォッチは高齢者の間でユーザーが増加する? 米国2019年の予測

<スマートウォッチの所有者は若い世代が中心だが、健康管理機能に優れた最新のデバイスは今後シニア世代にこそ広まると見込まれている>米フォーチュン誌は、2019年高齢者の間にスマートウォッチ利用者が広がると予測している。また …

高齢者の「元気カフェ」 すけがわ1万人達成

高齢者の居場所づくりの一環として、日立市が設置した元気カフェが好評だ。最初にオープンした同市助川町1丁目の「元気カフェすけがわ」の利用者が5日、1万人に到達した。大台達成を祝ってくす玉が割られ、利用者にコーヒーとクッキー …

シニア消費 超高齢化が生む巨大市場

CMですっかり有名になった「ハズキルーペ」(税抜き1万167円)。シニアの潜在需要を掘り起こし、累計販売数が500万本を超えた。 ハズキカンパニーによると購入が多い世代は順に、①60代女②50代女③60代男④70代女⑤7 …

1 2 3 160 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.