これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 商品、サービス等

商品、サービス等

「100歳時代プロジェクト」セミナー ビジネスチャンス探る

誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備え、産経新聞社が立ち上げた「100歳時代プロジェクト」の一環として、超高齢社会におけるビジネスチャンスを探るセミナーが1日、東京都港区の電通ホールで開かれた。産経新聞社 …

高齢者の安心できる移動手段を普及させるためデザインシニアカー「てくてっくん」

株式会社東洋製作所 株式会社東洋製作所(本社:愛知県弥富市、代表取締役:伊藤 徳夫、創業:1967年)は、高齢者の移動手段普及のため、デザインシニアカー「てくてっくん」の販売・整備を行う販売代理店の募集を開始いたしました …

千葉県内のふるさと納税 課題解決型に回帰

千葉県内の自治体がふるさと納税を活用し、地域の課題解決を目指す動きが相次いでいる。柏市は手賀沼の環境改善を目的とした資金集めをスタート。習志野市は障害者や高齢者の雇用創出につながる返礼品を導入した。・・・ 情報源: 千葉 …

荒れた山が宝の山に!! 茨城・つくば宝篋山 地元有志ら整備、年10万人超訪問

茨城県つくば市の北東部に位置する宝篋山(ほうきょうさん、461メートル)。十数年前まで荒れていた斜面を地元のボランティアが切り開き、登山道を整備し、今では子供から高齢者まで気軽に登れるように。県内外から登山客が訪れる人気 …

展示にもコト消費の波 回顧2017 美術

近年よく消費者の関心が「モノからコトへ」移りつつあると耳にする。商品やサービスから得られる「体験」をより重視するというその傾向を、今年開かれたいくつかの美術展で感じた。・・・ 情報源: 展示にもコト消費の波 回顧2017 …

泉北ニュータウン IoTで高齢者健康に 端末装着、運動量を把握

大阪府南部の泉北ニュータウンで、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用し、地域全体で高齢者の健康を守る取り組みが12月下旬から始まる。ソフト開発会社が住民支援団体などと組み、小型センサーで日ごろの運動量を把握、専 …

AI×介護 世界を救う ケアプラン、自動で作成

寝返りはできない」「立ち上がりは何かにつかまれば可能」 11月、愛知県豊橋市の介護事業所。介護が必要な高齢者の状態をケアマネジャーが入力する。「うまくいっているようだ」。様子を満足げに見守る外国人がいた。人工知能(AI) …

葬式も墓もコンパクト化 家族葬、都市部で主流に

「終活」ブームを反映して各地でセミナーが開かれている ある夜の筧家のダイニングテーブル。帰宅した良男に満が「はい、これ」とこの日届いた郵便物を手渡しました。喪中はがきで、その年に近親者を亡くした人からの年賀欠礼の挨拶状で …

介護不安、民間保険で軽減 改善に給付 休業時収入補う

介護を必要とする人の増加に伴い、介護関連の民間保険が多様化している。介護度の改善で保険金が出たり、介護をする人の収入減をカバーしたりする商品が登場した。いまのところ加入できる人に限りがあるが、上手に活用すれば介護に伴う経 …

ふるさと納税返礼品に高齢者見守り/むつ

むつ市は来月から、寄付受付サイト「ふるさとチョイス」経由のふるさと納税返礼品に、日本郵便の「みまもりサービス」を追加する。郵便局社員らが1人暮らしの高齢者宅など対象世帯を月1回、直接訪問し、生活情報を聞き取った上で申込者 …

« 1 201 202 203 207 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.