これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 商品、サービス等

商品、サービス等

赤ちゃん返り? “大人の粉ミルク”ブームがやって来る

赤ちゃん返りか? 不思議なことに、「育児用の粉ミルクを大人が飲んでもいいですか?」という問い合わせが食品メーカーに増えているのだという。本来、粉ミルクは普通の食品から栄養を取れない乳幼児が“母乳の代わりに飲むもの”だ。な …

平均75歳、ヒップホップでイエーイ 高齢者の教室盛況

若者に人気のストリートダンスを、お年寄りにも楽しんでもらおうと、大阪の関係団体が開いた教室が好評だ。毎回定員を超える申し込みがあり、教室をきっかけにダンスサークルを立ち上げたお年寄りもいる。・・・ 情報源: 平均75歳、 …

NTTタウンページ、シニア向け健康情報冊子

NTTタウンページ(東京・港)は10日、高齢者の健康づくりや介護予防の情報をまとめた「健康シニアタウンページ」を高知県内全域で配布すると発表した。対象をシニア層に絞った健康情報の別冊タウンページを県全域で配布するのは全国 …

来年のおせち、「少人数」狙え

神奈川県内でおせち料理商戦が本格化してきた。最近の人気は1段重などの少人数向けだ。核家族化の進展やシニア層の増加により、来店客からは「多くの量は食べられない」「好きなものを少しずつ食べたい」との声が目立つ。こうした消費者 …

ダイハツ、松阪市と協定 高齢ドライバーの事故防止

ダイハツ工業は8日、販売会社の三重ダイハツ販売(三重県松阪市)と松阪市が高齢者の自立支援を目的とした連携協定を結んだと発表した。高齢ドライバーによる交通事故を減らすため、販売店で安全運転のための講座を開いたり、認知症の人 …

20~70代各世代の女性は、なぜその健康食品を購入した?

20~70代各世代の女性は、なぜその健康食品を購入した? by 株式会社ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム 多様なライフコースで生き、多様な価値観・消費傾向を持つ今の20~70代女性が、日頃どのようなヘルスケア …

自動運転 神戸で実験 市やNTTドコモ、AIがルート選定

神戸市やNTTドコモなどは7日、自動運転車の実証実験を始めると発表した。地域住民が買い物や病院などに行く際の利用を見込む。12月には人工知能(AI)を使って最適な運行ルートを自動で割り出す実験を始める。高齢化が進むニュー …

タイガー魔法瓶、健康機能付き調理製品を拡充

タイガー魔法瓶(大阪府門真市)は7日、健康機能が付いた調理製品を拡充すると発表した。産学官連携で開発を進め、高齢者が食べやすいように調理できる製品などを売り出す。記者会見した菊池嘉聡社長は「介護施設などから一般家庭向け浸 …

野村不動産アーバンネット「都と事業者との連携による高齢者等を支える地域づくり協定」を締結

野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:前田 研一)は、11月1日、東京都と「都と事業者との連携による高齢者等を支える地域づくり協定」(以下、本協定)を締結いたしましたので、お知らせいたしま …

ソニー、首掛け集音器 シニア聞き取り楽に

ソニーは7日、人の声など聞きたい音を大きくできる首掛け型の集音器を25日に発売すると発表した。医療機器である補聴器とは異なり、主に60代以上のシニア層に家電量販店などで販売する。ICレコーダーの集音技術やヘッドホンの装着 …

シルバーライフ、小幅増益

主力の高齢者向けの配食サービスが伸びる。食材を容器に盛りつけたり、お弁当を配送したりするFC加盟店が増え、ロイヤルティー収入が増加。介護施設などへの販売も好調。他社の代わりに食材製造する事業も安定収益に。増収。・・・ 情 …

札幌のホクノー、店内に健康ステーション

道内中堅スーパーのホクノー(札幌市)は道内の病院やシニア関連事業者などと連携して、高齢者の支援に乗り出す。札幌市内で特に高齢化が高いもみじ台地区の店舗に6日、新施設「健康ステーション」を開いた。店舗を訪れた高齢者の健康相 …

不審電話の着信を拒否、目黒区が装置導入支援

東京都目黒区は振り込め詐欺などの特殊詐欺による被害拡大を防ぐため、不審な電話の着信を拒否する装置の導入を支援する。区の負担で装置導入を促す。地元の警察署と連携し、高齢者を中心に区内50世帯に協力を依頼。防止効果を検証する …

「高齢者」がネット通販の新たな原動力に、高まる需要―中国

「中高年の両親には想像していたような年配の風情はなく、若い人と同じく、スマートフォンを通じてモバイルインターネットの新しい生活を積極的に楽しんでいる」。このほど行われた調査の結果、全国の中高年の「手切族軍団」はすでに大き …

アスリート用視覚トレーニング、高齢者へ応用も

一般的に視覚は40代から急激に低下するとされる。トップアスリート用のトレーニング機器を開発する企業は、高齢者ら「アスリート以外」向けの展開も模索している。 情報源: アスリート用視覚トレーニング、高齢者へ応用も &#82 …

« 1 204 205 206 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.