これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 商品、サービス等

商品、サービス等

全国初のドライブスルー葬儀場、長野・上田市に完成

車に乗ったまま葬儀に参列できるドライブスルーシステムを併設した全国初の葬儀場が長野県上田市に完成し、15日に報道陣に公開された。高齢者や障害者でも無理なく葬儀に参列できるようにと、竹原重建(上田市、竹原健二社長)の子会社 …

百貨店は生き残れますか? J・フロント山本良一社長に聞く

脱百貨店」を掲げて2017年4月に大型商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」を開業したJ・フロントリテイリング。テナント賃料を中心とした不動産事業の拡大を急いでいる。小売市場でネット通販と品ぞろえを特化した専門 …

難聴支援機器のユニバーサル・サウンドが最優秀賞

デロイトトーマツベンチャーサポート(東京・千代田)と野村証券が主催するスタートアップ企業のビジネスコンテスト「モーニングピッチ」の年末拡大版が14日、都内で開かれ、難聴者支援機器のユニバーサル・サウンドデザイン(同・港) …

家族と高齢社会の法 第11回「仕事と社会参加」

人生90年時代において、高齢者も活躍する社会を描いた法政策を理解する。自立(律)した高齢期を支える仕事をめぐる課題について勉強する。家族の姿が変容しつつあるなか、支え合いの機能を地域のコミュニティが担えないかが模索されて …

高知)ふるさと納税返礼に高齢者見守りサービス 田野町

田野町は12日から、ふるさと納税の返礼品として、町内で暮らす高齢者の生活状況を確認する「郵便局のみまもりサービス」を始める。故郷に親を残して都会などで働く人たちに寄付してもらい、住民福祉の向上を目指す狙いだ。 日本郵便四 …

地方都市がパンで町おこし クルマやシニアと相性よし

2017年11月に開かれた「パンわーるど総社」のイベントでは歌手の嘉門タツオが「So-Ja!パンわーるどの歌」を披露した 地方都市において、地域の店を活気づけることは重要な課題である。様々な試みがされるなか、岡山県総社市 …

キャンピング車 自宅の一部に 書斎や子の遊び場に変身

近年、街で見かけることが増えてきたキャンピングカー。普及に伴って「週末に郊外へ」といった本来の使い方に加え、住まいの一部としての可能性に着目する動きが出てきた。自宅の駐車場で父の書斎になったり、子どもの隠れ家となったり。 …

シャルマン シニア向け眼鏡、つるにリング

眼鏡製造のシャルマン(福井県鯖江市)のシニア女性向け眼鏡「ワルツ」 自社ブランド「ラインアート シャルマン」の新商品。眼鏡のテンプル(つる)の部分に3つのリング状の素材を用いた。眼鏡の… 情報源: シャルマン シニア向け …

ベテラン 存在感示す 回顧2017 放送

テレビを取り巻く環境はここ数年で激変した。ネットを通じスマートフォン(スマホ)やパソコンなどで視聴する動画配信サービスは当たり前になり、在京民放各局が連携した無料の見逃し配信サービスも普及した。もはやコンテンツはテレビと …

新潟・聖籠町の近藤商店、サケ加工の新工場建設

ナマコやカキの水産加工を手掛ける近藤商店(聖籠町)は来春、サケの水産加工を手掛ける新工場を聖籠町内に稼働させる。投資額は約4億円。地元で採れたサケを使ったフレークなどの加工品に対する引き合いが高まっており、新工場を建設し …

山形大、山形でレモン試験栽培 豪雪地の廃校利用

山形大学は、豪雪地帯の廃校でレモンなど南国系果実の試験栽培を始める。さくらんぼ、ラ・フランス、ぶどうなど果実王国を誇る山形県だが、寒冷地のためミカンなどかんきつ系はほとんどない。地元製材所が廃校に設けた、樹皮や端材を燃や …

気持ち理解し会話、富士通がロボ

富士通は12日、人の気持ちをくみとって自然な会話ができるロボットを発売すると発表した。ロボット関連スタートアップのユニロボット(東京・渋谷、酒井拓社長)が開発した「unibo(ユニボ)」と、富士通のクラウドを組み合わせる …

ダッタンソバで健康志向のめん 苫小牧の店、農家と連携

北海道内でそば店の運営などを手がける一休そば(苫小牧市)は農家と連携し、ダッタンソバを使った健康志向のめんを開発した。農林水産省と経済産業省が共同で打ち出した地域活性化施策「農商工連携事業計画」にダッタンソバでは全国で初 …

瀬戸内海を巡る「超高級旅館」 発想の原点は屋形船

現代建築の視点やアイデアを建築以外のフィールドに生かす──。鉄道車両や船舶で最近、建築分野の著名人にデザイン監修などを委ねる例が目立っている。建築的表現で具体化した「特別感」の演出を実例で見てみよう。今回は船を紹介する。 …

古民家再生へ鑑定士 高齢者を対象に育成 観光活用、古河で本格化

古民家を再生して宿泊施設やレストランなどに活用する動きが広がっている。古河市の団体は、古い木材が使われている家屋の価値を評価する「古民家簡易鑑定士」の育成を、シルバー人材センターを対象に始めた。日本の伝統的建築を残すとと …

« 1 307 308 309 313 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.