これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 海外

海外

ネット利用が拡大する中国のアクティブシニアに商機

2018年末に、中国の60歳以上の人口が約2億5,000万人に達した。高齢者の中でも、アクティブなシニアを指す「活力老人」は、インターネットを使いこなし、ネットショッピングの利用が拡大している。その消費動向をつかみ、イン …

高齢者は1日9時間以上寝ると認知症発症率が2倍に

十分な睡眠は健康の基本だが、“とりすぎ”は逆効果になる。約8万世帯計20万人を対象にした総務省の「社会生活基本調査」(2011年度)によれば、日本人は40~50代で最も睡眠時間が減り、60歳以降になると、年齢とともに睡眠 …

認知症予防は「運動が重要」 世界保健機関が指針

世界保健機関(WHO)は、世界的に増加している認知症の予防のための新たな指針を公表した。運動の習慣や健康的な食事、禁煙が重要だとしている。各国が適切な対策を取らない場合、世界の認知症患者が2050年には1億5200万人に …

高齢者はこうして過激化していく。フェイクニュースの餌食になるまで

メリーランド州フォートワシントン発 ― 間もなく昼になるころ、25人ほどの高齢者が教室でSiriとの話し方を学んでいた。それぞれ手にしたiPadのホームボタンを押し、Siriが「ご用件は何でしょう?」と尋ねる際に鳴らす通 …

アメリカのシニア世代 バツイチ、没イチの恋愛事情

“ I have great news! Call me.” (お知らせしたい良いニュースがあるの。電話して)とアメリカ人の夫の母親(73歳)からの連絡。ボーイフレンドができたんだな、とピンときました。彼女は夫が大学生の …

公務員定年、欧米は撤廃・延長 日本も65歳へ上げ検討

政府が国家公務員の定年の引き上げを検討している。現在の60歳から段階的に65歳まで延長する方針だ。政府は社会保障制度改革の一環として「生涯現役社会」を掲げている。高齢でも意欲さえあれば働ける社会にするため、まず国家公務員 …

高齢者をデジタル世界から置き去りにしてはいけない

5月は全米のOld American Month(米国人高齢者月間)だが、今年のテーマは「つながり、創造、貢献」だ。今日、高齢者とのつながりを阻害している大きな問題がある。それが、デジタルデバイドだ。米国では、65歳以上 …

世界のシニアが熱戦展開 由利本荘市でバド国際大会

バドミントンのシニア愛好者による国際大会「ミズノおもてなしカップジャパン」が3日から3日間、秋田県由利本荘市石脇のナイスアリーナで開かれ、国内外から参加した約320人(国内200人、海外120人)が熱戦を繰り広げた。総合 …

高齢でも働く日本人に「勤勉だから、じっとしてはいられないのだろう」

いつまで仕事をするか、老後をどのように過ごすかといった人生設計は人によってそれぞれ異なるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人と中国人では老後に対する考え方が大きく異なり、「日本人は退職することを恐れているようだ」 …

一人暮らしの高齢者、ヤクルトレディが見守る 韓国

ヤクルトは1970年代に韓国で乳製品の配達事業を開始した。ヤクルトレディは電動の冷蔵カートに乗り、町をめぐってヨーグルト飲料などを配達する。高齢化が進む韓国では、一人暮らしの高齢者問題が急速に広がっている。そうした中、ヤ …

1 2 3 20 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.