これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 海外

海外

中国、高齢化加速で「時間銀行」導入進む

高齢化が加速する中国では、高齢者ケアが社会の関心事となるなかで、「相互扶助」の考えに基づく「時間銀行」の導入が進んでいる。 時間銀行は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の専門研究員だった米国人のエドガー・ …

深圳の地下鉄 顔認証使い高齢者無料乗車サービス

2019年9月20日、中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)は、深圳市で顔認証技術を活用した地下鉄乗車サービスを開始した。60歳以上の高齢者を対象に、深セン市の地下鉄11号線のすべての駅に設置される顔認証システム …

パナ、中国に高齢者タウン 来春、巨大シニア市場参入

パナソニックが中国で高齢者向けの住宅事業に乗り出すことが6日、分かった。来年春に上海市と隣接する江蘇省で高齢者が住む計800戸の「パナソニックタウン」を着工する計画。人工知能(AI)とIoT(モノのインターネット)を駆使 …

日本の年金、37カ国・地域中31位 米社、持続性に疑問

米コンサルティング会社マーサーがまとめた2019年度の年金制度の国際ランキングによると、日本の年金制度は先進国を中心とする37の国と地域のうち31位だった。年金の持続性を問う項目の評価が低かった。マーサーは日本の年金制度 …

高齢者向けの健康サービスシステム強化へ 指導意見が発表

国家衛生健康委員会は1日、『万全な老年健康サービスシステムを樹立する指導意見』を発表しました。これは中国で初めての「高齢者向け健康サービスシステム」に関する正式な文書です。・・・ 情報源: 高齢者向けの健康サービスシステ …

高齢者スポーツ・フィットネス発表会開催 中国南京市

中国江蘇省(Jiangsu)南京市(Nanjing)の竜江スポーツ館で23日、第2回南京市高齢者スポーツ・優良フィットネスプログラム発表会が開かれた。市内各区から選出された高齢者が「広場ダンス」や・・・ 情報源: 高齢者 …

100歳で初出馬、初当選!ドイツ最高齢のおばあちゃん政治家

2019年、リゼル・ハイゼはふたつの大きな節目を迎えた。ひとつは3月に100歳を迎えたこと。そしてもうひとつは、5月に初めての選挙で当選したことだ。彼女は現在、ドイツ最高齢の現役政治家として、キルヒハイムボーランデン(通 …

中国農村部の高齢者は不幸なのか

少子高齢化が急速に進む中国。来年の介護保険制度の本格始動を前に、都市部では、デイサービスやショートステイ、訪問介護などの介護サービスを提供する小規模多機能型施設や老人ホーム、高齢者マンションなど次々にオープンしている。加 …

高齢者が退職を遅らせている理由とは

調査によると、65歳以上の労働者は、年齢差別や職場での精神的・身体的制限などの問題に直面する可能性が高い。多くの高齢者は、66歳で社会保障給付金の全額を受け取る資格を得た後も働き続けており、高齢者とその家族のためのサービ …

中国、年金受給もいまや「顔パス」

「老来網(Laolai.com)」は2015年設立の企業で、親会社の「智慧眼(Athena Eye)」は生体認証、コンピュータビジョン技術を中核とするテック企業だ。同社の顔認識技術は公安(警察署)でも導入が進んでいる。老 …

1 2 3 28 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.