これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 海外

海外

認知症予防と教育歴との関連は? 専門家に聞く

欧米で、認知症の高齢者の割合が減少しているという報告が相次いでいる。その一方で日本での割合は増加を続けている。この現象をどのようにみたらいいのか。桜美林大の鈴木隆雄・老年学総合研究所長に聞いた。 学校教育、認知症予防に効 …

海外旅行保険 値上げ 損保各社、治療費高騰や円安で

損害保険各社が海外旅行中のけがや病気、事故に備える個人向け海外旅行保険の保険料を引き上げている。保険期間が短い商品を値下げする一方で長期を値上げする会社が多く、損害保険ジャパン日本興亜は平均26%の引き上げとなる。新興国 …

海外旅行中の下痢 予防に有効な薬はどれ?

【問題】日本人の場合、海外旅行に行くと、3日もすると多くの人が下痢を起こしたり、軟便の回数が増えたりします。こうした「日本人特有の下痢」を防ぐのに有効と、旅行医学を専門とする医師がお勧めするのは次のうちどれでしょう? ( …

三井物産、香港でシニア住宅運営 地場複合企業と総事業費140億円超

三井物産は香港で地元複合企業と組み、高齢者向け住宅の運営に乗り出す。2020年の開業に向け、総事業費10億香港ドル(145億円)の住宅プロジェクトに着工。香港は平均寿命が日本を上回る「世界一の長寿地域」ながら高齢者サービ …

高齢者の就業率、最も高いのはインドネシア 日本は42%で2位

退職を先延ばしにする高齢者は、どの国でも増加しているようだ。ただし、経済協力開発機構(OECD)が先ごろ発表した報告書によると、2016年の65歳人口の就業率には、国によって大きな差が見られる。 65歳を過ぎても働き続け …

「薄い」「吸水力すごい」…大人用紙おむつ、アジアで人気

日本の大人用紙おむつが、海外から注目されている。世界に例を見ない速さで高齢化が進む日本のおむつは、薄いのに吸水性が高く、種類も豊富。外出しやすいのも特徴で、メーカーにはアジアを中心に、問い合わせや勉強会の依頼が相次いでい …

国際ボランティアの世紀 第12回「青年海外協力隊(JOCV)とシニア海外ボランティア(SV)」

青年海外協力隊は政府の行う国際ボランティアの代表的事業であり、また40歳以上のシニアを派遣するシニア海外ボランティア事業は市民の参加する国際ボランティアとして重要性を増している。2015年には創設50周年という節目の年を …

85歳 私は現役チア

10月21日、台湾・台北市体育局のステージに85歳になる私は立っていた。モーニング娘。「Go Girl~恋のヴィクトリー」のアップテンポな音楽が鳴り響く。スパンコールがキラキラ光る派手な青と白の超ミニスカートに身を包んだ …

グローバル化と日本のものづくり 第10回「グローバル生産体制における海外シニア工場」

量産経験の未熟な新設工場と、日本工場ではオペレーションの実態が大きく違い、両者での技術移転がうまくいかない場合がある。海外の主力量産拠点の現場育成に努めてきた日系企業は、その現場を新設工場に対する技術移転する主体として活 …

甘やかされた時代を卒業 「自助ありき」綻び繕う

あまりにも簡単に援助が得られませんか。お金がかかりすぎませんか。社会が整えたもので私たちは過度に甘やかされていませんか。 スウェーデンの中学教科書「あなた自身の社会」(邦題)。社会保障の章にある問いかけだ。福祉国家のこの …

« 1 15 16 17 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.