これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 海外

海外

ソウル市の高齢社会化が秒読み…高齢者5人に1人は一人暮し

2012年には39歳だったソウル市民の平均年齢は昨年41.6歳に高まった。また、ソウルに暮らしている65歳以上の高齢者136万5000人のうち5人に1人は一人暮しであることが分かった。 12日、市は2017年の人口・経済 …

なぜ、日本人は老後に不安を覚え、フランス人は老後を楽しみにするのか!?

フランス人は年齢を重ねることにポジティブ! 株式会社文響社(東京都港区、代表取締役社長:山本周嗣)は2018年12月14日(金)に、著書・賀来弓月の『60歳からを楽しむ生き方 フランス人は「老い」を愛する』を発売します。 …

心身ともに自立し、生き生きと働く日本の高齢者は「幸せなのかもしれない」

安倍総理の掲げる働き方改革は、国民がそれぞれに合った働き方を選択できるというものだ。これにより、お年寄りの「老後の過ごし方」はより一層、中国と差が開いていくという。中国メディアの捜狐は7日、「日本のお年寄りの老後」に関す …

血管の健康を保つ「7つの方法」 認知症予防の可能性

心臓、血管などの循環器の健康状態が良好な高齢者ほど、認知症の発症リスクが低く、認知機能の低下の速度が遅いことが、フランスの疫学研究で示されました。 中年期の高血圧、脂質異常症、肥満、糖尿病などは、脳卒中、心筋梗塞に代表さ …

第24回パラナ高齢者の集い 高齢者に問う長寿の秘訣

パラナ日伯文化連合会(上口寛会長)主催の第24回パラナ高齢者の集いが10月14日午前9時から、ロンドリーナ市の同連合会館で行われ、パラナ支部から約100人の高齢者が参加した。 集いでは、品川アウレオ医師、JICA派遣ボラ …

定年後にバルセロナで豆腐店に 「海外移住&起業」に成功した人

一般に「超高齢社会」とは65歳以上の人口の割合が全人口の21%を超えた社会のことをいう。日本は本年3月に沖縄県の高齢化率が21.1%になったことにより、ついに全都道府県が超高齢社会になった。いまや定年後も長い人生。第二の …

中国の高齢者増加が2022年には再びピークに

ハイテクの普遍的な普及と運用に伴い、将来的に高齢者の老後の生活も、いっそうスマート化や科学技術の導入が進むと予想されている。このほど発表された「スマート高齢者事業青書:2018年中国スマート高齢者産業発展報告」によると、 …

山東省の青島と威海で日中高齢者産業交流会を開催

ジェトロは山東省の青島市と威海市で11月20~22日、「第5回日中高齢者産業交流会」(以下、交流会)を開催した。青島市で開催された交流会には日本企業14社、威海市での交流会には日本企業12社が参加した。日本からの参加企業 …

家で元気な老後を…来年6月からコミュニティケアへの第一歩踏み出す

高齢者が「療養病院・施設」の代わりに「普段住み慣れた場所」」で健康な老後を送れるようにする「ケアシステム」が作られる。2026年、韓国は65歳以上の高齢者人口が国民の5人に1人の割合になる「超高齢社会」に進入する。高齢者 …

4億人のデータから判明!遺伝子で寿命は決まらない

■人の寿命差を遺伝要因は最大でも7% 人の一生の長さはどの程度、遺伝子によって決まるのだろうか。 アメリカの学術誌「ジェネティクス」に2018年11月6日、掲載された論文によると、遺伝子が人の寿命に及ぼす影響は軽微である …

« 1 5 6 7 18 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.