これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 豊かな人生

豊かな人生

老いてこそ「あなたの居場所はどこですか?」

演劇が高齢化社会を救う!?高齢者劇団の日々から老いの未来を考える。若者なら学校、社会人なら会社、ではリタイアした高齢者の居場所は…

豊かな老後を生きる3つの黄金律 作家・橘玲氏に聞く

コロナ禍による収入不安・雇用不安の高まりや、用意した老後資金が枯渇する「長生きリスク」の顕在化など、老後の資産形成を取り巻く環境は大きく変わりつつある。・・・

「働く人=オール厚生年金」時代 老後の安心へ前進

今月は社会保障、特に年金と私たちの「Life」や「Money」との関係を考えています。今回、考えてみたいのは、今年の法律改正で前進する「働く人はみんな厚生年金に入る」という時代の流れについてです。・・・

リタイア後を楽しむ街「サンシティ」、コロナ下を生き生きと暮らす人々

1960年に造られた高齢者のための街「サンシティ」。米国アリゾナ州で、コロナ下でも生き生きと暮らす人々に出会った。・・・

人生の楽園「味わい豊か 海辺の革工房~神奈川・鎌倉市」

夫婦で好きなことをして暮らしたいと神奈川県鎌倉市に移住し、早期退職してオーダーメイドの革工房を開いた坂根一成さん(59歳)と、トリミングサロンを営む妻の恵子さん(59歳)の物語。一成さんのこだわりが、使えば使うほど味が出 …

あしたも晴れ!人生レシピ「もったいない 心も暮らしも豊かに」

「もったいない」を合言葉に、心も暮らしも豊かに。さあ、はじめてみませんか。★食品ロス:飲食店と消費者をアプリがマッチング。飲食店は食品ロスを減らし、売り上げにもつながる。消費者は割安で食品を購入できる。双方にメリットが。 …

88歳プレー機敏 今治でソフト大会 出場最高齢の相原さん

11月上旬、今治市内であったソフトボール大会で、生き生きと白球を追うシニア選手たちの中心に出場者最高齢の相原豊さん(88)=同市中日吉町3丁目=の姿があった。・・・

漫画家・弘兼憲史が教える「高齢者にとっての最善の選択」とは?

日本を支えてきた団塊の世代も、今や70代。まだ先は長いとはいえ、「死」が頭をよぎるのも、また現実。さて、いかにして人生をまっとうするか。・・・

曹洞宗建功寺住職・庭園デザイナー 枡野俊明さん 時代は禅を求めている(1)

曹洞宗徳雄山建功寺(横浜市)の住職で庭園デザイナーの枡野俊明さん(67)。日常生活に禅の発想を取り入れ、心を整えることを勧める。・・・

老後は自分でデザインする時代 マネーの知識を味方に

今月は公的年金をベースに社会保障の役割と私たちの生活、お金について考えています。・・・

料理研究家・村上祥子78歳、1人暮らしでコンロは一口、鍋2つ、頑張らない台所を作った理由

料理研究家として50年間活動している村上祥子さん。現在、78歳で福岡の自宅で1人暮らしをしています。・・・

人生の楽園「お母さんが守る洋館カフェ~東京・国分寺市」

隣人の老姉妹から歴史ある洋館を受け継ぎ、カフェとして再生させた久保愛美さん(53歳)の物語。洋館は1932(昭和7)年に神戸の貿易商・土井内蔵の別荘として建てられ、その後元海軍少将・沖本至の手に渡り、次女と三女が住み続け …

あしたも晴れ!人生レシピ「スキルを生かして社会貢献 自分を発見する楽しみ」

今、自分のスキルや経験を生かして、社会に役立ちたいという活動が広まりつつある。社会貢献しながら、自分を発見。生き方の幅を広げる人たちを紹介する。★プロボノでいじめ撲滅をめざす:プロボノとは、自分のスキルや経験を生かして社 …

人生の楽園「土の音響くオカリナ工房~栃木・小山市」

趣味の音楽が高じてオカリナを手作りし、銀行を早期退職して工房を開いた板垣洋一さん(62歳)と、それを支える妻の文子さん(61歳)の物語。洋一さんがオカリナ作りで使うのは益子の土。益子支店長時代の縁で益子焼の窯元から土を特 …

幸せ中心社会への転換(7) 健康や長寿との深い関係

みなさんは長生きしたいですか? 幸せな人は不幸せな人よりも寿命が7~10年長いという研究結果があります。・・・

1 2 3 53 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.