これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 新聞・ネット記事等

新聞・ネット記事等

企業、シニア人材に熱視線=再雇用の上限撤廃、若手にはマイナスも

60歳の定年を迎えた再雇用者に戦力として期待を寄せる企業が増えている。「即戦力」人材を囲い込むため、給与などの待遇改善や定年後の再雇用の上限年齢を撤廃する動きも目立つ。給与面などで不満を抱えるシニア側にはメリットが大きい …

秋田)コンビニ、広がる移動販売 高齢者の足代わりに

コンビニエンスストアの移動販売が県内で広がってきた。過疎化や高齢化の進む地域に販売車で出向き、日用品や嗜好(しこう)品を求める高齢者らの足代わりになっている。人口減少やコンビニ同士の競合で店舗は客が増えにくく、街中で客を …

「超高齢社会」に突入する日本 高齢者向けの商品が好調

日本の本屋に行くと、「退職後の生活を楽しむための方法」といった類の書籍が目立つ所に並べられている。最新の統計によると、日本の65歳以上の高齢者の数が3557万人と、全人口に占める割合の28.1%に達している。また、205 …

「街のナース」健康見守る

病院ではなく、公民館や飲食店、産直市など住民に身近な場所で働く看護師「コミュニティーナース」。島根県雲南市に拠点を置くCommunity Nurse Company(コミュニティナースカンパニー)代表の矢田明子は、高齢化 …

70歳雇用へ企業に数値目標 政府、計画義務付け検

政府は継続雇用年齢を65歳以上に引き上げる法改正に向けて、企業に対して70歳までの雇用を促すための計画の策定を義務付けることを検討していることが19日、分かった。計画に盛る具体的な数値目標の項目などは今後詰めるが、65歳 …

シニアスーパーマンが飛ぶフランスのエイジング産業 人生100年時代に花開く「エイジングビジネス2.0」

進みつつある高齢化にどう対処すべきか、世界各国が頭を悩ませている。同時に各国の企業は大企業もベンチャー企業もシニアマーケットの重要性と可能性を認識し、ビジネスの開拓を試みようとしている。「エイジングビジネス2.0」とも言 …

今年の10月21日(日)は「孫の日」/シニア女性に聞いた「祖母と孫の関係」に関する実態調査/孫がいるシニア女性の約7割が「孫との関わりを増やしたくない」 孫離れを意識する「孫の5歳11歳の壁」にまつわる6つの要因とは?

販売部数16万部を誇るシニア女性誌部数No.1(※)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、読者(55~84歳のシニア女性)311名を対象に、「祖母と孫の関係」に関する …

レセプトデータと医師ネットワークで健康寿命延ばす

レセプト(診療報酬明細書)データ分析のデータホライゾンは九州の医薬品卸、アステム(福岡市)と医療、介護分野で連携する。骨粗しょう症の高齢女性が転倒して骨折し、寝たきりで認知症になる事例などを通じて、事前防止に向けた医師や …

絵本ナビの絵本定期購読サービス「絵本クラブ」に「おねだり機能」が登場。

絵本の情報・通販サイト「絵本ナビ」を運営する株式会社絵本ナビ(本社東京都新宿区/代表取締役社長金柿秀幸、以下絵本ナビ)は、運営する絵本の定期購読サービス「絵本クラブ」において、支払いを祖父母にお願いすることができる「おね …

分配型投信、シニア向けに新型続々 隔月支払い主流

「人生100年時代」を迎え、老後資金は誰もがアタマを悩ませる問題のひとつだ。資産の「寿命」を延ばすとともに、年金だけでは足りない生活費の穴埋めもしたい。こうした高齢層のニーズをくみ取る投資信託が登場している。核となるのが …

1 2 3 188 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.