これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 新聞・ネット記事等

新聞・ネット記事等

消費者が選んだ広告コンクール、 最高賞は味の素「シニアこそ、お肉。」など6点

日本アドバタイザーズ協会(JAA)は、1月16日、「第58回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」の入賞作品を発表した。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、デジタル、屋外・交通の6部門に今回は1544点の応募が集まり、11 …

「高齢者に丁寧な説明を」 格安スマホで業界団体に注意喚起

国民生活センターは「格安スマホ」をめぐる相談が、毎年2000件を超えていて、高齢者からの相談が増えていることから、利用者にサービス内容をよく理解して契約するよう呼びかけるとともに、業界団体に対してより一層の丁寧な説明を要 …

通信機能付き電力量計で高齢者見守り 長久手で実証実験

通信機能のある電力量計「スマートメーター(中部電力)」を活用した高齢者見守りサービスの実証実験が長久手市で行われている。高齢者宅に設置したスマートメーターから一分ごとに受信した電気使用量を解析して、居住者の異変をいち早く …

高齢者にこそスマホを、AIを! 84歳のデジタル伝道師が説く「チャンス」

1935(昭和10)年生まれ、84歳の若宮正子さんは、60歳のころにパソコンを初めて購入して夢中になり、80代からプログラミングを学んで82歳のときにゲームアプリを開発した。今では「ICT(情報通信技術)のエバンジェリス …

高齢者の新たな足 広がれ 松江、高台 電動カートで 大田、タクシー乗り放題

人口減が進む島根県で地域の交通手段の確保を狙った実証実験が相次ぐ。小型電動車両や定額制タクシーを運行し、マイカー利用が難しい高齢者や観光客の利便を図るのが目的だ。同様の実験は全国で進められているが、島根では住民の生活基盤 …

ユニ・チャーム、姿勢を正す紙おむつ

ユニ・チャームは骨盤を安定させて姿勢を正す大人用紙おむつを開発した。できるだけ介護なしで歩きたいと考える高齢者向けに売り出す。これまで紙おむつは吸水性や肌触りを重視してきたが、新たな競争軸が生まれつつある。・・・ 情報源 …

日本上回る老後レス 韓国の高齢者はどう生き延びるか

「老後レス時代」という言葉からすぐに頭に浮かんだのは、かつてソウルに駐在した韓国の風景だった。社会保障の支えは心もとなく、多くの高齢者が働き続ける。平均寿命が延びて社会は高齢化する一方、急速に少子化も進む。「どう長く生き …

移動スーパー「とくし丸」 お年寄りに楽しみ運ぶ

「足腰が弱って、外出するのもつらい」「もう車の運転はできないのに店は遠く、交通手段がない」──そんな買い物弱者の高齢者の家の前まで、生鮮食料品や日用品などを届ける移動スーパーを展開するとくし丸が急成長している。本格的な冷 …

雇用保険、65歳以上の活用法 教育訓練や介護に給付も

65歳となった今も会社勤めを続けていますが、4月から新たに雇用保険料も払うと聞きました。我々の年代で雇用保険に入って利点があるのでしょうか。雇用保険は2017年1月に見直され、それまで原則対象外だった65歳以上の人も対象 …

緑茶飲むほど…介護予防に効果、死亡率も低下 県内全市町調査

緑茶をたくさん飲むほど介護予防に効果的で死亡率も下がる―。県が県内全35市町の高齢者約1万人を追跡調査した結果、こんな傾向が浮かび上がった。緑茶を1日7杯以上飲む人はほとんど飲まない人に比べて、要介護認定(要支援を含む) …

健康に関するテクノロジーを楽しく体験できるイベントを名古屋ロボケアセンターで開催

CYBERDYNE株式会社(本社:つくば市 以下当社)は、障がいをお持ちの方や、加齢などにより身体機能が低下した方に対し、世界初の装着型サイボーグHALをはじめとする様々な最先端テクノロジーを利用し、脳・神経・筋系の機能 …

[75歳以上医療費2割負担]低所得者へ配慮必要だ

政府は、75歳以上の後期高齢者が医療機関の窓口で支払う医療負担について、2022年度までに一定の所得のある人を対象に2割に引き上げることを全世代型社会保障検討会議(議長・安倍晋三首相)の中間報告に明記した。ことし6月ごろ …

一人世帯向け強化へ コープさっぽろ理事長

――2019年はどのような年でしたか。「消費増税もあり厳しい1年だった。組合員数は順調に伸びているが、『買い物はコープで』と決めていたお客さんが安い店を探して買い回り、客数減につながった。若い世帯は節約志向を強め、高齢者 …

「高齢者向け」製品は なぜいつもつまらないのか?

高齢者は弱者であり、受け身の存在だ。そんな「高齢者向け製品」が市場にはあふれている。高齢者のために作られた製品と、実際に高齢者が欲している製品との間に深刻な食い違いがある・・・

「歩くべあきた」シニアの部に修了証 1日平均8577歩

仲間と一緒に歩いて歩数を記録し、健康づくりを進める「歩くべあきた」の「シニアの部」修了式が10日、秋田市中央市民サービスセンターで開かれた・・・

« 1 2 3 348 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.