これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 新聞・ネット記事等

新聞・ネット記事等

「金融×大学」実利重視に 高齢化対応や技術革新急ぐ

金融機関と大学が新たな関係の構築に乗り出している。これまでの寄付講座や人材育成にとどまらない「実利重視」の連携が目立つ。三菱UFJ信託銀行などが慶応大と始めた共同研究は、超高齢社会での新しい環境を整える狙いがある。IT( …

「細マッチョ」目指す50代 筋トレのポイントは?

風呂上がり、鏡に映った我が身(59)を見て驚いた。筋肉が落ち、弱々しい体になっている。ダイエットのせいか、加齢のためか。筋肉が減ると見栄えが悪いし、身体機能の低下につながる。筋肉をつけたい! 手っ取り早く筋肉をつけるには …

ごっくん運動でのどを筋トレ 飲み込み力、低下防ぐ

食事中にむせやすくなった、せき払いが増えたと感じる人は「飲み込み力」が衰えているかもしれない。飲み込む力が落ちて誤嚥(ごえん)性肺炎になるリスクを下げるためにも、意識的にのどの力を鍛えよう。 「若くても、意識的にのど(喉 …

シニア層向けデザイン診断サービス「シニアフィット診断」を提供開始

デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、シニア層に分かりやすい情報の提供と安心感の醸成を実現するデザイン診断サービス「シニアフィット診断」を、認知研究の専門家である早稲田大学渡邊克 …

老後の貯蓄は、いくら必要?老後資金の貯め方も解説

人生100年時代、老後のお金不安が増幅しています。理由のひとつが、老後の収入の柱である年金の先が見えないこと。原則65歳まで働き続けることができるようになったとはいえ、老後をアクティブに生きるためには、年金を補完する資金 …

買い物難民 地域で解決

◇移動スーパーを全国展開する「とくし丸」社長 住友達也さん 60 軽トラックに生鮮食品や総菜など約400種類、約1200点を積んで山間地などに出向く移動スーパーを全国展開しています。2012年1月に徳島で始め、軽トラック …

高齢者が高齢者を支える金融モデル

社会のありかたを「現役世代が高齢者を支える」という基本構造だけで考えると、支える現役が減り、支えられる高齢者が増える日本では、どの業界でも明るい見通しは持てない。 だが、高齢者といっても60~74歳の前期高齢者と75歳以 …

アラフィフ女性に活躍の場を

石田ゆり子さん、小泉今日子さん、松田聖子さん。第一線で活躍する女性の代表格ともいえる方々だが、年代としては50歳前後、いわゆるアラフィフ層になる。かつて50歳といえばシニアの入り口のような印象で受け止められたが、先に挙げ …

日本の高齢者率は27.7%で世界最高 食品宅配市場で「高齢者向け配食サービス」は拡大傾向

65歳以上の高齢者の人口が増加を続ける中、在宅高齢者向け配食サービス市場はニーズの高まりから拡大傾向が続いている。 総務省が昨年公表した日本人の総人口は、平成29年9月15日時点の推計で1億2,671万人となり、前年比で …

ワルツのリズムで土俵入り 「相撲トレ」でロコモ予防

ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは、立つ、歩くといった体を動かす機能が落ちた状態。この予防のため、整形外科医が考案したユニークな体操「相撲トレ(すもトレ)」が話題を呼んでいる。 相撲トレは、3拍子のワルツにのせて「横 …

« 1 272 273 274 322 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.