これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 新聞・ネット記事等

新聞・ネット記事等

「きたみっておいしいね」グルメパンフ発行

北海道北見市内のお菓子や加工食品など127点を盛り込んだパンフレット「きたみっておいしいね~北見グルメギフトブック~」が発行された。商品の紹介だけでなく、お土産や贈り物などを選ぶ際、活用しやすいように工夫されている。・・ …

運動不足の私「ロコモ」かも 足腰の機能低下40歳代から

歩くとき周りの人に抜かれることが多くなったら、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)が始まっている可能性がある。体をうまく支えられず転倒しやすくなったり、骨折しやすくなったりし、要介護状態につながる恐れもある。移動機能 …

フレイル予防、東京都がPR動画

東京都は年齢とともに心身の活力が低下する「フレイル(虚弱)」の予防を呼びかけるPR動画の配信を始めた。具体的な予防方法や対策を紹介した「介護予防・フレイル予防ポータル」も福祉保健局のサイト内に開設した。動画ではフレイルが …

広東省、高齢者産業支援策を発表(中国)

中国・広東省政府は11月20日、「高齢者介護サービスの開発を促進するための若干の措置」〔粤府弁(2019)23号、以下、措置〕を発表した。2022年までに、社区(注)のデイケア施設のカバー率を90%以上、ケア施設内の介護 …

パートナーへの満足度はシニア世代で男女間に意識の差 PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」発表

プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険(PGF生命、東京都千代田区)は、10月9~11日、20~79歳の男女を対象に「人生の満足度に関する調査2019」をインターネットで実施し、2000人の有効サンプルの集計結 …

採算気にせず 川西の元教諭が単身高齢者向け食堂開く

手作り雑貨や創作和食を販売、提供している兵庫県川西市南野坂1の「雑貨工房blank(ブランク)」代表で、元小学校教諭の細谷文雄さん(62)が11日から毎月1回、同工房で1人暮らしの高齢者向け食堂「くすのき通り食堂」を開く …

~人生100年時代、定年後の第二の働き方を調査~ 再雇用で働く会社員の意識調査 【第1弾】

高齢者の就労支援を行う株式会社マイスター60(本社:東京都港区、社長:小倉 勝彦)は、人生100年時代における定年後の働き方を探るため、定年退職後に再雇用制度を使って働いている60~65歳の全国の男性500名を対象に、ア …

80歳でエベレスト登頂の陰に「男性ホルモン」補充 93歳経営者も実践

減少したテストステロンは、補うほかない。冒険家の三浦雄一郎さんは男性ホルモンであるテストステロンを補充することで、身体に劇的な変化があった。・・・

前橋日赤跡地 元気な高齢者の生活拠点へ

昨年6月に前橋市朝倉町の新病院へ移転した前橋赤十字病院(前橋日赤)の跡地の活用策として、市は医療、介護、住居などの施設を集め、首都圏からの移住を促すCCRCを整備する。近く事業の優先交渉権者と正式に契約し、2022年度中のオープンを目指す。・・・

女性のための女性の電気屋さん 「聞きやすい」依頼続々

女性の世帯に女性のスタッフが電気工事や電化製品の点検などに赴くサービスが、和歌山市内で9月に始まった。開始から3カ月ほどで依頼は70件近くに上り、評判は上々・・・

« 1 2 3 4 497 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.