これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 新聞・ネット記事等

新聞・ネット記事等

北海道でシニア雇用拡大、アークスは65歳定年制

北海道内の企業がシニア雇用を積極化している。道内や東北でスーパーを展開するアークスが3月から65歳定年制を導入したほか、80歳まで働ける制度を設ける企業もある。少子化で新卒採用の確保が厳しさを増す中、意欲的なシニア人材に …

NTTコム、オイシックスとAI電話応対を実験

NTTコミュニケーションズは人工知能(AI)を使った自動応答システムで利用客からの電話注文を受け付ける実験を始めたと発表した。野菜の宅配を手掛けるオイシックス・ラ・大地と組み、商品の注文や在庫確認などの業務を自動で実施す …

大正から続く敬老会 100回目 宇都宮、徳治郎町で交流の場守り継ぐ

【宇都宮】徳次郎町の中町自治会で毎春、開かれている「敬老会」がこのほど、開催100回を迎えた。大正時代に高齢者を慰安しようと発案され、戦時中も地域住民が協力して絶やすことなく続けてきた。今では幅広い世代の住民が交流するき …

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査 【第1弾】 定年後について夫婦で話し合っている わずか4割 「定年退職後も夫には外で働いてほしい」 86.5% 老後の暮らし方、3割が配偶者との希望に相違あり

高齢者の就労支援を行う株式会社マイスター60(本社:東京都港区、社長:小倉 勝彦)では、4月22日の「よい夫婦の日」と4月28日の「シニアの日」に合わせ、妻と同居している全国の50代男性会社員500名、および50代男性会 …

ほっとサロン根木 誰でも参加可能に 穴水の集会所「健康教室」様変わり

穴水町の新崎(にんざき)地区集会所で月二回、高齢者を対象に開かれてきた健康教室が四月、誰でも参加できる地域の集まり「ほっとサロン根木」に様変わりした。十四日に初回の活動があり、主に高齢の男女三十人が体操やゲーム、カラオケ …

高齢者・障害者への接遇レベルを向上、交通事業者向け研修プログラムを作成 国交省

国土交通省は4月10日、2017年2月に決定された「ユニバーサルデザイン2020行動計画」を踏まえ、交通事業者による接遇研修を充実し、高齢者や障害者に対する一定水準の接遇を確保するため、研修モデルプログラムを作成したと発 …

超高齢社会の医療問題の解決策は「未病」 「アジア太平洋地域中医薬サミット」で漢方の役割を強調

「アジア太平洋地域中医薬サミット」が4月7日、ザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区)で開催された。アジア太平洋地域中医薬サミットは、アジア太平洋地域で、漢方など中国の伝統医学である「中医薬」の交流や発展を促進し、中医 …

日本での老後生活は 在住ブラジル人対象にセミナー

1990年の入管難民法改正後に来日して静岡県西部を中心に生活するブラジル人の高齢化が進み、社会保障や福祉、医療面の課題が出始めている。外国人住民から年金や健康に関する相談が寄せられる浜松国際交流協会(浜松市中区)は地元の …

労働市場の改革「不可欠」=高齢者や女性活用を-OECD提言

経済協力開発機構(OECD)は15日、対日経済審査報告書を公表した。高齢化で労働力不足が深刻化する中、持続的な経済成長には「労働市場の改革が不可欠」だとし、高齢者や女性の活用を推進するよう提言した。 OECDは日本の労働 …

三井住友銀、最短30歳で管理職に 定年65歳に延長

三井住友銀行は2020年1月をめどに、最短で入行から8年で管理職に登用する人事制度を導入する。一方で定年は65歳に延ばし、シニアの給与を引き上げる。若手・中堅、ベテランを問わず能力のある人材はきちんと処遇し、長く働ける環 …

« 1 2 3 4 320 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.