これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

地球ドラマチック「80歳、4歳児と友だちになる!?~後編~」

番組内容イギリスの高齢者が、元気いっぱいの4歳児と6週間を過ごすプロジェクトに密着!後編では、スポーツ大会や発表会に挑戦!高齢者たちの心や体に変化は訪れるのか?詳細高齢者施設に暮らす高齢者と子どもたちが世代を超えて交流す …

顧客70歳時代、資産運用の安心模索

「800万円で何とかという会社の株を買ったんだけど……」。都内の会社員、村田政志(仮名、57)は故郷に住む母親(84)から電話を受けた。母親が取引する証券会社に確認したところ、購入したのは米国テスラ株。「海外株式の経験が …

あしたも晴れ!人生レシピ「あなたは大丈夫?シニアを狙う特殊詐欺」

年間の被害総額が300億円を超える特殊詐欺の被害。いっこうになくならないのはなぜか?だまされる心理とは?背景にあるのは、あてはまることがあると、真実だと思い込んでしまう人間の心理。その心の仕組みについてわかりやすく解説。 …

高齢者への行きすぎた配慮は見直しを

安倍晋三首相は医療・介護や年金改革、子育て支援策を検討する全世代型社会保障検討会議の初会合を20日に開く。自らが議長に就き、年内に中間報告をまとめるよう西村康稔担当相に指示した。医療や介護は高齢化で給付費が膨張し、国と地 …

いざ定年、資産取り崩しか働くか

「海外旅行もしたいけど母の介護費もかかる。毎月いくら取り崩せばいいですか」。東京都に住む五十嵐明美(仮名、62)は2年前に金融機関を退職。生活費の足しに資産の一部引き出しを考えて、9月4日に独立系金融アドバイザーの清水専 …

ダイアモンド博士の“ヒトの知恵” 第2回「子供と高齢者たくましく生きるには」

少子高齢化の問題を伝統社会の家族のあり方から考える。小集団で子供を育てる伝統的な社会には、現代の社会が失いつつあるさまざまな利点があった。また、伝統社会で高齢者が担ってきた役割を見ることで、私たちが現代の高齢化社会にどう …

目の動き捉え認知機能を検査 大阪大開発、3分で結果

図形や計算を用いた問題をモニターに映し、被検者が正解の選択肢をどれぐらい長く見ているかで認知機能を検査する技術を開発したと、大阪大の武田朱公・寄付講座准教授(老年医学)らのチームが10日付の英科学誌電子版に発表した。約3 …

「メルカリで誰も買わないワシの服」老人たちの心の叫び!? シルバー川柳傑作選

今年も公益社団法人全国有料老人ホーム協会が募集するシルバー川柳の入選作品が発表された。なんとも言えない哀愁が漂う名句が生まれることで有名なシルバー川柳だが、今回は今年入選した20首の中から特に注目の作品を紹介する。・・・ …

健康で豊かなシニア時代を拓く 日経ウェルエイジングプロジェクト

日本経済新聞社は人生100年時代の「健康」「お金」「仕事」をキーワードに、「日経ウェルエイジングプロジェクト」をスタートしました。40~50代のビジネスパーソンを対象に、人生100年時代に備えるコンテンツやサービスを提供 …

時計職人とアスリート 二足のわらじの99歳

福井県内で今年度中に満100歳になる高齢者は、昨年度より81人多い321人。そのうちの一人、12月に100歳を迎える石田要一さんは、職人とアスリートの二足のわらじを履く活力にあふれた99歳だ。「仕事もスポーツも死ぬまで現 …

1 2 3 81 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.