これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

会社では満たされない気持ち 50代、移住という選択肢

定年までがんばるか、別の道に挑むか――。カイシャ勤めが終盤に差し掛かると、そんな迷いも生じます。「自分のスキル」が外で通用するのかも気がかりです。ヒントをもらえないか、外資系製薬会社を50代で早期退職し、新潟県魚沼市の農 …

あしたも晴れ!人生レシピ「いざという時、知らないと大変!」

身近にあるのに意外と知らない&誰も教えてくれない「いざという時の正しい対処法」1エレベーターの非常ボタンは、ただ押すだけでは外部とつながらない!?2ベランダから避難する時、はしごはロックを外さないと開かない!?3隣の家に …

適齢期は50代前半 定年後の準備、早めがいい理由

最近は「定活」という言葉が注目されています。定活とは「定年前活動」すなわち定年後に楽しく働いたり豊かな生活をおくったりできるよう、定年前からさまざまな準備活動をしておくことです。こうした定年に向けた準備を始めるのはいつ頃 …

人によって感じる「シニア独特に臭い」の正体

昨年、夫と長旅をした際に、自宅を改装中だという高齢のカップルに留守宅を貸したところから話は始まる。1カ月後、旅から戻ると家はちり1つなく掃除されていて、ちょっとしたプレゼントが2つ、残されていた。だが家の中にはいつもと違 …

経団連会長「定年の概念」なくなるとの考え

経団連の中西会長は、働く意欲のある高齢者に働く場を増やしていく動きが広がる中で、今後、「定年という概念がなくなっていく」との考えを示した。・・・ 情報源: 経団連会長「定年の概念」なくなるとの考え|日テレNEWS24

踏み間違い暴走、国・企業対策急ぐ 池袋事故書類送検

東京・池袋で4月に乗用車が暴走し母子などが死傷した事故で、警視庁は12日、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)のアクセルとブレーキの踏み間違いが原因と断定し、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で元 …

限定免許も検討 高齢ドライバーの事故対策、議論進む

池袋の暴走事故などをきっかけとして、高齢ドライバーの事故対策を強化するための議論が進んでいる。政府は6月にまとめた緊急対策で、安全運転支援機能を持つ自動車だけを運転できる高齢者向けの限定免許をつくる方針を決めた。必要な法 …

働く高齢者、月収51万円超で年金減額案

厚生労働省は働いて一定以上の収入がある高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度に関し、65歳以上が対象となる月収を「51万円超」に見直す案を13日の社会保障審議会に・・・ 情報源: 働く高齢者、月収51万円超で年金減額案 | …

アップルCEOから「ハグ」 自作のスマホアプリに称賛

「世界最高齢のプログラマー」として有名になったITエバンジェリストの若宮正子さん(84)。歩みをたどる連載の2回目は、その異名がついた出来事について語ってもらった。・・・ 情報源: アップルCEOから「ハグ」 自作のスマ …

「最高齢プログラマー」と呼ばれて ITの先端伝えたい

81歳でiPhoneのアプリを開発し「世界最高齢のプログラマー」と呼ばれた女性がいる。若宮正子さん(84)だ。「シニアにこそ情報技術(IT)を使ってほしい」という思いから、国内外での講演や本の執筆など活動の幅を広げ、自ら …

1 2 3 90 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.