これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

高齢者財産承継へ信託の活用促せ

75歳以上の高齢者の4人に1人が認知症かその予備軍だという。平均寿命が男女ともに80歳を超えた今、生前の財産管理や相続を誰が担うかは大きな問題だ。 年老いた親のケアを特別養護老人ホームなど施設に頼るケースも珍しくない。そ …

高齢者大・うれしの学園で入学式 北播中心に71人

兵庫県の高齢者大学講座「うれしの学園生涯大学」の入学式が17日、加東市、嬉野台生涯教育センターで開かれた。北播磨地域を中心に、四年制の大学講座に59人、二年制の大学院講座に12人が入学した。 高齢者の生きがいづくりや地域 …

宇都宮大の学生が地域の課題解決 空き家活用など

宇都宮大学の学生が地域課題の解決に取り組む「地域プロジェクト演習」が本格的にスタートした。17日、同演習に参加する学生と宇都宮市や日光市など栃木県内の11自治体の職員らが初顔合わせし、地域の実情や今後の調査計画について話 …

中国で高齢者教育が盛ん、生涯学習センターが6万2000カ所に―中国メディア

上海で4月11日と12日に開催された「2018年高齢者教育(生涯学習)国際学術交流活動」において、高齢者社会が加速し続けるのにともない、生涯学習の発展の経路や管理方式は、国によって異なるモデルを見せ始めていることが明らか …

ヒロインは70代のおばあちゃん!「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズ

待望の最新刊は『花ひいらぎの街角』 ――70代の女性、お草さんが活躍する〈紅雲町珈琲屋こよみシリーズ〉も、最新刊『花ひいらぎの街角』(2018年文藝春秋刊)で第6巻となりました。第1巻『萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ』 …

74歳、21年かけ大学卒業…夢は弁理士に

夢は弁理士に――。 佐賀県有田町中樽で通信設備会社を営む中島信行さん(74)が今春、中央大法学部通信教育課程を卒業した。仕事の好不況の波にもまれて休学と復学を繰り返し、要した歳月は21年。「まだ目標の一つをクリアしたに過 …

児童公園からにぎわい再生、水戸で住民らがイベント

街にかつてのにぎわいを取り戻したい――。そんな思いからこのほど、水戸市の中心飲食街、大工町に近い児童公園で地元住民らによる交流イベントが開かれた。少子高齢化の進行に加え、地域社会のつながりが希薄になりつつあるなか、児童公 …

70代、高齢者と言いません 神奈川県大和市が宣言

神奈川県大和市は11日、「70歳代を高齢者と言わない都市」を宣言した。今後、市の施策や広報誌などでなるべく「高齢者」という言葉を使わないようにする。法律や条例などの対象者や運用は変更しない。 市によると、こうした宣言をし …

伸びるフィットネス、落ち込むボウリング。スポーツ施設産業で明暗

スポーツビジネスには、スポーツ興行とは別に、スポーツ施設提供業がある。プロスポーツで利用される大規模施設以外で、民営施設となるとゴルフ場などが代表例となる。 サービス産業(第3次産業)活動指数では、民営のスポーツ施設のビ …

きょうの料理 じぃじの四季「シニアだからわかる 春の味~ふきと鶏肉の煮物~」

伝承料理研究家で料理界のじぃじ、奥村彪生さんがシニアだからわかる四季の味と心を教える。今回は春の訪れを感じさせる野菜。ふきや葉わさびなど香り高く、ほろ苦い春野菜を使った料理を紹介する。シャキシャキの歯ごたえを楽しむ「ふき …

« 1 13 14 15 24 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.