これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

年金の支給開始年齢 65歳基準に受給者選択

▽…公的年金の支給開始年齢は、いまは65歳を基準として60~70歳の間から受給者が選べる。受給者が60歳の誕生日を迎えた月の翌月(誕生日が1日の場合はその月)から受け取れる。財政に大きな影響を与えないよう、支給額は受取開 …

公的年金受給開始、70歳超も選択肢 政府検討

政府は公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳超に先送りできる制度の検討に入った。年金の支給開始年齢を遅らせた人は毎月の受給額が増える制度を拡充し、70歳超を選んだ場合はさらに積み増す。高齢化の一層の …

18年の制度改正 パート妻働きやすく、高齢者に負担

2018年も家計をめぐる税制や社会保障などの制度改正は少なくない。配偶者控除の見直しで会社員のパート妻らが働きやすくなるが、高所得層は増税。保険財政が厳しい医療と介護は一部の高齢者の自己負担がさらに重くなる。家計への影響 …

高年齢者雇用開発コンテスト

企業が行う創意工夫の事例募集 高齢者が生涯現役で働けるような創意工夫を行う企業の事例を、厚生労働省と独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」が募集している。優秀事例は、平成30年度の「高年齢者雇用開発コンテスト~生 …

社会保障 医療・介護の持続性確保せよ

◆「全世代型」への転換も急ぎたい◆  人口減と超高齢化の下で持続可能な社会保障制度を確立する。今年は、その正念場を迎える。 大きなテーマが二つある。一つは「人生100年時代」を見据えた医療・介護体制改革、もう一つは高齢者 …

人生豊かに「60歳からの主張」 成人の日に合わせて表彰

人生を楽しみ、すてきに年を重ねてきた高齢者らの意見や知恵をたたえる「60歳からの主張」の表彰式が8日、東京都内で行われた。受賞者は自身の思いなどを託したエッセーや川柳を壇上で読み上げ、「仲間とともに豊かに生きていきたい」 …

時代の節目に考える(4)人口減・高齢化言い訳にせず

ポイント ○人口増加は経済成長の大きな要因でない ○終戦直後には人口過剰問題への懸念強く ○生産性の継続的な上昇を促す経済政策を 2018年はいろいろな意味で節目の年である。世界金融危機から10年、日本の銀行危機のピーク …

各地で “祖父母手帳” も登場!祖父母のための「孫育て」心得10か条

子が孫を連れて帰省する年末年始は、もてなしの準備、おせちやお年玉の気遣いで忙しい! 慣れない孫の世話に“孫ブルー”を感じる人も多いはず。一緒に暮らしていても、離れていても、目に入れても痛くないほど可愛いはずが……? 孫と …

人生100年 年金活用を再考 繰り下げ・厚年加入カギ

長寿化が進み「人生100年時代」が現実味を帯びている。安心して老後を過ごすには、終身で受給できる公的年金を最大限に活用することが重要だ。年金を増額できる受給開始年齢の繰り下げや厚生年金への長期加入などがカギとなる。 何歳 …

昨年の交通死、高齢犠牲者なお高水準 65歳以上、6年連続で過半数

2017年の全国の交通事故死者のうち、65歳以上の高齢者が54.7%だったことが4日、警察庁のまとめで分かった。過去最高だった前年(54.8%)からほぼ横ばいで、6年連続で半数を超えた。今後も高齢者人口の増加が見込まれる …

« 1 13 14 15 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.