これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

「高齢者は75歳からに」 長野・松本両市長が提言

加藤久雄長野市長(75)と菅谷昭松本市長(74)は21日、「高齢者」の定義を従来の65歳から75歳に引き上げるべきだとする共同提言を発表した。提言は理念的なもので社会保障政策などの変更はしないが、長野市は65歳以上の活用 …

真のスマートシティに向けて

日本で「スマートシティ」といえば、再生可能エネルギーを効率よく使い、IT(情報技術)などを駆使してまち全体の電力の有効利用を図る環境配慮型都市を指すことが多い。エネルギー消費を都市全体で効率化して有効活用するまちづくりも …

あしたも晴れ!人生レシピ「らくらく&絶品 調理術」

番組内容 毎日の食事を効率的かつ無駄なく作ることができる、冷蔵・冷凍を駆使したらくらく調理術を紹介。プロのシェフには、うまみが増す驚きの料理法を伝授していただく。 詳細 毎日の食事!献立はもちろん、調理に、後片付けにとみ …

あしたも晴れ!人生レシピ「うたと生きてゆく~八神純子さん~」

番組内容 歌手の八神純子さんは、東日本大震災の年に音楽活動を再開。子育てを終えた後の自分の人生を見つめ直し、生涯歌い続けようとする姿を紹介。 詳細 「みずいろの雨」「パープルタウン」などのヒット曲で知られる歌手の八神純子 …

<変わる介護食>高齢県・秋田(下)挑戦 みんなで同じ食卓を

<研究重ねて開発> 「本格的な味わいだ」「お店で出しても大丈夫」 秋田市で7月中旬に開かれた介護食の試食会。ほのかにだしの香りが広がる室内で、高齢者ら約10人が笑顔で食事を楽しんだ。 主催したのは医師やケアマネジャー、介 …

人口減少社会の構想 第11回「人口減少社会と地域コミュニティ」

人口減少社会において地域コミュニティはどのように変容していくかについて、幅広い視点から考える。高齢者など「地域密着人口」の増加、大都市・地方都市・農村部などの地域差、若い世代の地域志向等にも注目する。 【キーワード】 地 …

「人生100年時代」へ改革議論 経産省、産構審に新部会

経済産業省は18日、2050年ごろに「人生100年時代」が到来するのを見据え、経済社会システムの改革について議論する部会を産業構造審議会に新たに設置すると発表した。21日に初会合を開く。寿命が延びれば、幅広い分野で社会の …

ホンマでっか!?TV「100歳まで元気に楽しく生きる方法▽大人のモテしぐさ」

●「100歳までをどう生きるか」 ゲストは俳優の山田裕貴。「5世代が一緒に暮らせる4世帯住宅が登場!?」などのホンマでっか!?な情報に対し、1を聞けば10を返す評論家軍団が答えていきます。今年で63歳を迎えた明石家さんま …

情報社会のユニバーサルデザイン 第10回「高等教育におけるユニバーサルデザイン」

世界的に、社会があらゆる人々に教育の機会を提供する努力が広がりつつある。あらゆる事が刻々と変化する現代において、多様な人々が人生のあらゆるステージにおいて高等教育で学ぶことを求めている。前半では、障害者の高等教育について …

もはや「余生」ではない「老後」

■「余生」ではなくなった「老後」 総務省の『社会生活基本調査』は、1日の生活時間を1次活動(睡眠、食事など生理的に必要な活動)、2次活動(仕事、家事など社会生活を営む上で義務的な性格の強い活動)、3次活動(これら以外の各 …

« 1 2 3 4 30 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.