これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

笑いで地域を元気に アマチュア落語家 豆生田信一さん 舞台は介護施設でも

アマチュア落語家「参遊亭遊助」として活動する豆生田信一(60)は、横浜銀行の元エリート行員だ。同行をおよそ20年前に離れ、今は笑いを通じて地域を元気にしている。得意の語学力を生かし、「今後は日本を訪れる外国人にも落語を楽 …

93歳の「小学生」、かつてギネス記録も樹立 継続は力

福岡県那珂川町に93歳の「小学生」がいる。町立岩戸小5年1組の阿南(あなん)重継さん。町の町民聴講生制度を使って4月からほぼ毎日登校し、児童と机を並べている。 5月中旬の木曜日。阿南さんは3階の教室で算数の授業を受けてい …

今後の高齢者像と社会システム

文部科学省の調査によると、40歳代以下の握力は低下傾向だが、70~74歳男女の握力は15年前から3~4%(約1キログラム)上昇している。30秒間に上体起こしが何回できるか、片足立ちが何秒間できるかというテストも向上が著し …

高齢者の定義見直し、自民・小泉筆頭副幹事長らが提言

2024年に50歳以上の人口が5割を超えることを踏まえ、自民党の岸田政調会長、小泉筆頭副幹事長らが、年金の受給年齢を柔軟化させるなどの社会保障制度の抜本改革を来年末までに実現するよう安倍総理に提言しました。 自民党の岸田 …

(セカンドステージ)同窓生とつくる第3の場所 出版デビューや母校へ講師派遣 40代から、目標のもと集う

職場や地域とは違う独特の交流ができる同窓会。旧交を温めるだけでなく、新たな交友関係を広げる場として生かすシニアも目立つ。現役時代から同窓会にしっかり関わるほど人脈が広がり、より豊かな時間を過ごせる集まりになる。上手なつな …

「超中高年シングル社会」って何? 2035年に迎える消費社会を大胆予測!

2035年、日本の家族構成はシングル(独身者)が多数派になると予測される。その中心を成す中高年シングルの価値観、行動、消費動向をリサーチし、未来を予測した1冊が『中高年シングルが日本を動かす』(三浦展/朝日新聞出版社)で …

「定年ない社会を」高齢者の定義見直し 自民・小泉氏ら提言

自民党は29日、「人生100年時代」を見すえ、定年のない「エイジフリー社会」の構築などを求める政府への提言をまとめた。高齢者の定義や名称の見直しも提案した。年齢ではなく経済力に応じた医療費負担や年金の受給開始年齢の柔軟化 …

人生100年時代に備える(上) 職業寿命・資産寿命 延ばせ

ポイント ○65歳を高齢者の区切りとする制度見直せ ○労使は定年延長と年功賃金修正で合意を ○高齢者による金融取引の一律制限は問題 「人生100年時代」は英ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン、アンドリュー・ …

生涯未婚という未来

50歳まで一度も結婚していない人の割合を、なぜか「生涯未婚率」という。でも、50歳を過ぎて結婚する人は増えているし、婚活も人気らしい。アラフィフ(50歳前後の)シングルって、実際のところどんな感じなのか。今回は女性の胸の …

人口減少社会の構想 第7回「変わるライフコース」

ライフコースとは、個人が生まれてから死ぬまでの人生の軌道である。人々が社会のなかでどのような役割を取得し、どのような出来事をたどって歩んでいるのかに着目した用語である。人の一生は長寿化し、ライフコースの多様化・個人化が進 …

« 1 29 30 31 45 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.