これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

世界一受けたい授業

番組概要 大好評!医者が考案した長生きみそ汁▽2週間で血管年齢が若返る! ▽みそ汁にヨーグルトを入れるとダイエット効果!? ▽阿川佐和子流明るい介護「好物は喉につまらない」 番組詳細 阿川佐和子先生が両親の介護で実践した …

シニア世代 コミュニケーション術は異性から学べ

リタイアしたシニア男性は一般的に同世代の女性に比べてコミュニケーション能力があまり高くないといわれます。男性はビジネス社会に長く居たために上司や部下といったタテのコミュニケーションにはたけていますが、フラットな関係である …

世代を超えて、地域コミュニティを支える地方のシニアたち。頼りにされること、人とのつながりが活力に。

2010年に超高齢社会に突入した日本は、その後も高齢化率が上昇し続け現在に至っています。平均寿命だけでなく、健康寿命においても世界で常に上位にランキングされる日本のシニア世代。花王株式会社「生活者研究センター」(※1)で …

なぜ80歳以上は年齢を上にサバ読むのか

70代までの女性は自分の年齢を隠したがる。一方、80代を超えると、尋ねられなくても自分から年齢を明かし、さらに上の年齢にサバを読む人が増えてくる。なぜなのか。社会学者の春日キスヨ氏は「若さの価値観が変化している」と指摘す …

年金と雇用を集中改革 経済・財政再生へ新工程表

政府が年内に決定する経済・財政再生計画の新たな工程表の原案が6日、明らかになった。対象期間は2019~21年度の3年間で、年金や雇用、医療といった分野で改革を進める。特に前回作成時の15年から社会保障改革に関する項目を大 …

地域防災 シニア先頭で SNS活用へスマホ講座/応急手当てのスキル習得 活躍期待 「守る側」として

昼間は勤務先などで過ごすことが多い働く世代と違って、地域にいる時間が長くなるシニアに防災の担い手になってもらおうという動きが広がっている。大学や自治体では、防災スキルを学べる講座などを実施。豊富な経験を持つ、シニアならで …

人生100年の生き方(4) リスクにも向き合う

11月27日。東京都千代田区で開かれたライフプランセミナーを訪れた港区の会社員、長谷川伸(24)は2歳になる双子の娘が心配だ。登壇した社会保険労務士からは「年金はこれから減っていく」と言われた。資産運用の話を聞きながら、 …

神戸市の認知症事故救済制度 市民税400円増に賛否

認知症高齢者らが事故を起こし賠償を求められた際に神戸市が給付金を支給する救済制度の財源として、市民税の400円引き上げなどを盛り込んだ条例改正案が5日、市会の賛成多数で可決、成立した。改正に向け、市が9、10月に募った市 …

「限界まで頑張る」86歳三浦さん南米最高峰へ 来年1月、スキー滑降も

世界最高峰のエベレストに史上最高齢の80歳で登頂した冒険家の三浦雄一郎さんが3日、東京都内で記者会見し、来年1月に86歳で、アルゼンチンとチリ国境にある南米大陸最高峰のアコンカグア(6959メートル)への登頂を目指すこと …

定年後にバルセロナで豆腐店に 「海外移住&起業」に成功した人

一般に「超高齢社会」とは65歳以上の人口の割合が全人口の21%を超えた社会のことをいう。日本は本年3月に沖縄県の高齢化率が21.1%になったことにより、ついに全都道府県が超高齢社会になった。いまや定年後も長い人生。第二の …

« 1 29 30 31 64 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.