これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

家族と高齢社会の法 第4回「離婚」

人生の大きな転換点である離婚について基礎的な知識を習得し、乗り越えるために検討すべき項目を知る。最近の離婚の傾向、離婚の原因、離婚方法、財産分与、慰謝料、年金分割、別居中の婚姻費用、高齢者の離婚の特徴・配慮すべき点などを …

家族と高齢社会の法 第1回「変容する家族が直面する課題」

家族が直面する各種の法的課題および家族機能の低下した高齢(長寿)社会を支える社会保障制度をめぐる法的課題を、ライフステージに沿って検討するという本講義の全体像を示すとともに、講義のねらいと担当者を説明する。 【キーワード …

第1回「マイスター60 再就職シニア川柳コンテンスト」受賞作品が決定!~川柳を通して、働くシニアの仕事への思いや生活事情を発信~

高齢者の就労支援を行う株式会社マイスター60(本社:東京都港区、社長:小倉 勝彦)は、9月17日の敬老の日に向け川柳コンテストを2018年8月1日より開催し、受賞作品計5句を選定いたしました。 第1回となる今回のコンテス …

長崎県高齢化率 過去最高30.78% 全国で14番 100歳以上 最多1454人に

老人福祉法に基づく「老人の日」を前に長崎県は7日、人口に占める65歳以上の割合「高齢化率」(1月1日時点)が30・78%になったと発表した。県に統計データが残る1985年以降最も高く、全国平均(27・24%)を上回った。 …

「高齢者活用した社会システムを」 寺島さん前橋で講演

群馬県社会保険労務士会(富岡政明会長)は5日、社会保険労務士制度創設50周年記念講演会を前橋市のベイシア文化ホールで開いた。日本総合研究所の寺島実郎会長が「世界の構造転換の中での日本経済」と題して講演。高齢者を活用した社 …

老後資金とは切り分けて

定年後のシニアにとって趣味の投資はどんな効用があるのか。ファイナンシャルプランナーの森本幸人氏=写真=に聞いた。 「シニアにとって株式や不動産への投資は頭脳を働かせて現実の経済社会と接点を持てるという点で意義がある。投資 …

飯塚の100歳祝い市長らが訪問

敬老の日(17日)を前に、飯塚市の片峯誠市長と梶原善充副市長は今年度中に100歳になる高齢者を訪ね、記念品を贈って長寿を祝った。 市によると、今年度中に100歳を迎えるのは54人(3日現在)で、片峯市長は3日、同市上三緒 …

埼玉県内のシルバー人材センターの愛称が「シニアパワーステーション」に決まりました

シルバー人材センターのイメージアップの一環として、6月1日から7月16日にかけて県内シルバー人材センターの愛称を募集しました。全国40都道府県、9歳から91歳までの幅広い年齢層の方から2,305件の応募がありました。 愛 …

ヒマワリ30万本…いなべ

高校生のアイデアから始まった「い~な ひまわりプロジェクト」で種をまいたヒマワリが、いなべ市員弁町上笠田地区で見頃を迎えた。 同市と県立いなべ総合学園が連携、2016年度に高校生から町づくりの提案を募った。高齢者がヒマワ …

積み立て過ぎで今は火の車 47歳独身男性の老後不安

「老後資金を作るために、無駄な支出をなくしておきたいのですが……」。こう話して家計相談にやって来たのは、契約社員のYさん(47)。独身男性です。体調を崩して早期退職した後、契約社員として働いています。会社からの退職金はな …

« 1 34 35 36 60 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.