これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • その他

その他

何歳から「おじさん、おばさん」なのか 境目は43歳?

まだまだ自分は若いと余裕で思っていたのにある日突然、「おばさん!」と声を掛けられたり、「そこの、おじさん!」と呼び止められたりしたら多分ショックだろう。 某フリー女子アナウンサー 「姉の子供から『叔母さん』といわれるなら …

シニア世代のための芸術クラブ活動《ゴールド・アーツ・クラブ》が本格始動!

シニア世代のための芸術クラブ活動《ゴールド・アーツ・クラブ》が本格始動 ■埼玉から、高齢者が輝く未来へ 彩の国さいたま芸術劇場では、2006 年に故蜷川幸雄が芸術監督に就任するにあたり、第一に取り組むべき事業として 55 …

年金開始70歳超も 雇用環境の整備が重要だ

政府が中長期的な指針となる「高齢社会対策大綱」の見直し案で、公的年金の受給開始時期について、70歳を超える選択肢も可能とする方針を打ち出した。  現行では年金の受給開始年齢は原則65歳とし、本人の希望で60~70歳の間で …

映画『ロング,ロングバケーション』

ストーリー 夫婦生活はや半世紀、アルツハイマーが進行してきた元文学教師のジョンと、全身に散らばったガンがいよいよ暴れだしそうな妻エラ。子供たちは巣立ち、70歳を超え人生の旅にも終わりが見えてきた今、夫婦水入らずで心残りを …

認知症と生きる 第15回「認知症と生きる(3):~地域で支える認知症」

地域の中で認知症の人がどの様に支えられ、生活しているのかを、地域における具体的な取り組みから概観する。また、認知症になっても安心して暮らせるまちを築くための様々な取り組みを紹介し、活動状況や課題などを解説する。 1月19 …

所さん!大変ですよ「なぜかシニアに大人気 魅惑の灯台ワールド」

不思議な情報が飛び込んできた。最近なぜか「灯台」にシニアが多数訪れているというのだ。調べてみると、新婚旅行で訪れた灯台を数十年ぶりにわざわざ訪ね、夫婦で歩んだ日々を振り返っているのだ。さらに灯台は女子たちの間でも大人気。 …

『九十歳。何がめでたい』総合部門32作目の累計売上部数100万部突破

作家・佐藤愛子氏の『九十歳。何がめでたい』(小学館/2016年8月発売)が、1/22付オリコン週間“本”ランキングで、週間売上1.4万部で累積売上を100.9万部とし、BOOK(総合)部門では『ボードブック はらぺこあお …

【産経抄】小説の神様は待っていてくれた

昭和55年7月、直木賞の選考会で、委員になったばかりの山口瞳さんはあせっていた。「明らかに私より小説が上手」と認める作家が、落選しそうだ。「向田邦子は、もう51歳なんですよ。そんなに長くは生きられないですよ」。  ▼山口 …

年金の支給開始年齢 65歳基準に受給者選択

▽…公的年金の支給開始年齢は、いまは65歳を基準として60~70歳の間から受給者が選べる。受給者が60歳の誕生日を迎えた月の翌月(誕生日が1日の場合はその月)から受け取れる。財政に大きな影響を与えないよう、支給額は受取開 …

公的年金受給開始、70歳超も選択肢 政府検討

政府は公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳超に先送りできる制度の検討に入った。年金の支給開始年齢を遅らせた人は毎月の受給額が増える制度を拡充し、70歳超を選んだ場合はさらに積み増す。高齢化の一層の …

« 1 43 44 45 46 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.