これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 調査報告等

調査報告等

シニアドライバーに調査。「自動ブレーキ者限定免許」は取得したい?「定額・相乗りタクシー」が普及したら免許は返納する?

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。vol.1 …

高齢世帯の金融資産、平均2003万円 奈良・石川が上位

世帯主が65歳以上の高齢者世帯の金融資産を47都道府県別に推計すると、全国平均は2003万円で、奈良県や石川県など首都圏以外の自治体も上位に並んだ。総務省が5年ごとに実施する全国消費実態調査の家計収支に関する結果から算出 …

衰で亡くなる人が増加、死因の3位に 超高齢化が要因

老衰で亡くなる人が増えている。国内で2018年に亡くなった人のうち、「老衰」による死者数が約11万人となり、脳梗塞(こうそく)などの「脳血管疾患」を抜いて死因の3位になった。90歳以上の超高齢者が多くなっていることが主な …

「高齢者に質問、若い頃に上の世代からどんな説教をされましたか?」回答いろいろ

年配者が若者に説教する構図は、古代より繰り返されてきたと言われています。 では現在のおじいちゃんおばあちゃんたちは、いったい上の世代にどんな愚痴を聞かされていたのでしょうか。 「高齢者に質問、若い頃に上の世代からどんな説 …

10代女性は韓国・シニアはイタリアを参考に 楽天が「フリマアプリ『ラクマ』ユーザーに聞いた参考にするファッションに関するアンケート調査」を公表

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、4年連続の実施となる、「ラクマ」ユーザーを対象にした「参考にするファッション」に関するアンケート調 …

80歳以上で宿泊回数減 「健康上の理由」が最多

国土交通省国土交通政策研究所が2016年にまとめた「車いす、足腰が不安なシニア層の国内宿泊旅行拡大に関する調査研究」によると、1人当たりの年間宿泊旅行の平均回数は80歳以上で0.50回と、全体平均の1.26回に比べて大幅 …

高齢者市場1600兆円、国際組織試算 長寿ビジネスに商機

高齢化問題に取り組む国際組織「GCOA」は9日までに、世界の60歳以上の購買力が合計で15兆ドル(約1600兆円)にのぼるとの試算を発表した。60歳以上の人口は2050年に20億人と現在の2倍に増え、高齢者市場も同様に拡 …

1万歩以下でも死亡率低く 高齢女性で米研究

健康のためには1日1万歩は歩くのが望ましいとよく言われるが、高齢の女性では1日4400歩程度の歩数でも、死亡リスクの低下がみられたという研究結果を、米ハーバード大のチームが米医学誌に発表した。・・・ 情報源: 1万歩以下 …

SOMPOホールディングスから出資を受け、シニア向け共同研究開発および睡眠サービス連携で事業共創開始

テクノロジーで人々の睡眠課題を解決するSleepTech事業を展開する株式会社ニューロスペース(所在地:東京都墨田区、代表取締役:小林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、SOMPOホールディングス株式会社(所在地:東京都 …

高齢者の「多剤服用」が深刻、厚労省発表の画期的報告書

《在宅療養患者では、平均処方薬剤種類数は6.5種類であり、60%が6種類以上であった》──厚生労働省は6月中旬、そんな衝撃的な実態をまとめた報告書を発表。「多剤服用」に警鐘を鳴らすとともに、「高齢者の服用には注意が必要な …

1 2 3 46 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.