これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 調査報告等

調査報告等

要介護手前「フレイル」 奈良・三郷町と阪大が共同研究

高齢者が要介護になる手前の「フレイル(虚弱)」について、奈良県三郷町は大阪大学と組んで共同研究に乗り出す。今年度から「フレイル健診」を開始し、阪大でデータの解析を行う。健康寿命を延ばし、将来的には医療費の削減につなげたい …

大阪・北摂、長寿の傾向? 全国50位以内に3市1町

厚生労働省が公表した男女別の市区町村別生命表(2015年)で、全国で最も平均寿命が長い50市区町村に、大阪府・北摂地域の3市1町が入った。男性は吹田市が全国6位に。箕面市は府内で唯一、男女とも上位20位以内に入った。 府 …

要介護防ぐと趣味・娯楽増、消費1.7兆円増 経産省試算

経済産業省は要介護の状態になるのを予防することで、趣味や娯楽への消費を年0.8兆~1.7兆円も押し上げるとの試算をまとめた。要介護の認定を受けた人や親を介護する人を抱えた世帯は、必需品以外への消費を抑えがち。経産省は高齢 …

「ゲンキな国に学べ!世界の(秘)健康法」

100歳以上が約7万人もいる日本。今や誰でも100歳まで生きることが夢ではない時代。 しかし!安心を揺るがすこんなデータが…。実は日本人の「健康でいられる期間」、つまり「健康寿命」は、通常の「平均寿命」と比べ、男性で9歳 …

高齢者 人手不足救う

◇定年引き上げ・廃止の企業増 少子高齢化で生産年齢人口(15~64歳)が減少していく中、高齢者の活躍の場を広げるため、従業員の定年を引き上げたり、定年制を廃止したりする企業が増えてきた。高齢者の就業を促す企業の実情を探っ …

3世代同居率、東北・北陸が上位に

3世代同居の世帯に自治体が住居費などを補助する動きが広がっている。待機児童の解消が課題となるなか、家族内で子育てを担ってもらう狙いもある。ただ、同居率を高める政策の効果には様々な面で検証が必要だ。 都道府県別の3世代同居 …

ディズニーも恐々…五輪人材ニーズ92万人の衝撃

2020年東京五輪・パラリンピックが2年後に迫り、建設、製造、サービスなど五輪関連の労働力需要が高まっている。今秋にはボランティアの募集も始まる。多くの業界で人手不足と言われる中、人材の激しい奪い合いも懸念される。東京五 …

日本では高齢者が「暇つぶし」をしている姿を見ないが、何をしているのか

日本は長寿大国だけあって高齢者が元気で生き生きしている。これは、退職すると自分の気持ちも周りの目も「老人」になってしまう中国とは大きな違いだ。中国では退職年齢が一般に女性は50歳、男性は60歳で、早々に悠々自適な隠居生活 …

働き方改革の評価(上) 労使連携、本旨実現に必須

ポイント ○少子高齢化で労働の量と質の確保不可欠 ○裁量労働制や高プロは柔軟な働き方促す ○労使の密な意思疎通が生産性向上に寄与 政府は4月6日、働き方改革関連法案を閣議決定した。厚生労働省の不適切なデータ問題などもあり …

脳活性化メソッド「シナプソロジー」の効果検証結果のお知らせ

株式会社ルネサンス(代表取締役社長執行役員:吉田正昭、本社:東京都墨田区)は、文部科学省・科学技術振興機構のセンター・オブ・イノベーション(COI)プログラムにおいて、当社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」の実 …

« 1 10 11 12 21 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.