コロナ禍の今、自宅で過ごす日々。高齢者の方は重篤化しやすいのでお気を付けください。このタチの悪いウィルスは100年に1度の危機とも言われています。それでもいずれ人類はこの危機を克服します。国際政治学者イアン・ブレマー氏はパンデミック克服後全く違う世界になると語っています(4月27日朝日新聞)「経済活動は世界に広がるグローバル展開から、消費者に近いローカルなものに移行する。人の作業がなくても済むオートメーションが進み第4次産業革命が一気に到来する」と予想しています。

第4次産業革命とはIoTやビッグデータ、AIなどの技術革新のことです。経済活動や健康、医療、働き方、ライフスタイルなど幅広い分野に影響を与え超スマート社会の到来が期待されています。具体的にシニアビジネスでは、ウェアラブル機器による健康管理、医療分野でのオーダーメイド治療、独居老人の見守りサービスやAIを使用した自動運転、介護などのロボットを使った補助などが考えられています。

パンデミックにより、ネット通販、オンライン通話システムなど非接触型ビジネスが伸長しています。一方で飲食、観光、イベントはリスクが高いビジネスとなってしまいました。もっともパンデミック終息後にこれら業種の需要は回復するので、それまで生き残ることが大事です。今後、業種、個人間で貧富の差が広がり世界中で分断が進むことが懸念されます。今こそ連帯が必要かもしれません。また免疫力を上げる商品・サービスや対面時に感染を防ぐ仕組み等でビジネスニーズがあると思われます。ピンチをチャンスに。変化に対応する力が試されています。(アンサン)

一般社団法人アクティブエイジング協会(AAA)は、シニアの健康でアクティブな「質」の高い生活を、さまざまな情報提供・イベント企画・ビジネス創生などを通して支援していきます。
私たちが好きなコトバは、映画の題名にもなった「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」。中国の大禅匠が残した禅語で「今日もいい日で良かった」という浅い感慨ではありません。日々起きることをありのままに受け止めて、何かを失ったとしても「そうか、よし、なんとか乗り越えて行こう」というアクティブな決意が込められています。
今日を積極的に生きる、そんなヒントをAAAスタッフブログは発信していきます。