10月9日からインテックス大阪で開催された介護専門展示会「CareTEX関西」に出展する機会がありました。介護施設や通所サービスなどの介護事業者と商談を行う展示会です。今回は介護事業者向け商品のお披露目を兼ねた販売促進のため、新商品に関係する会社での共同出展でしたが、アクティブエイジング協会の紹介も一緒に行うことができました。また来場者とのやりとりから生まれる思わぬ提案や新たな出会いは今後の商品開発、販促のヒントになりました。

なぜ展示会に出展したかと云いますと、中小零細企業の場合、展示会は宣伝効果をあげやすい媒体だからです。大企業の場合、潤沢な宣伝費がありますからテレビなどのマス媒体の宣伝が可能で有効です。しかし中小零細企業はマス媒体に出稿できるほどの宣伝費はありません。新聞折り込みなどの宣伝をしてもターゲットを絞り込むことができず費用対効果は高くありません。その点、展示会への出展は、顧客が展示会に集まってくるので効果的に宣伝できるのです。各出展社は限られたブース内で来場者に自社商品へいかに関心を持ってもらうか工夫をこらします。集客の多い展示ブースは来場者の動線を考えた位置にブースを配置し、来場者の視線に注意を払って商品を展示しています。

近年は介護関連の展示会が増えたため来場者は分散し効果が出にくくなっています。出展者への売り込みも多いように感じました。主催者は出展者を増やすため出展対象ジャンルを広げ展示会コンセプトを分かりにくくしています。ターゲットを絞り込んだ展示会の方が出展しやすいのですが。(アンサン)

一般社団法人アクティブエイジング協会(AAA)は、シニアの健康でアクティブな「質」の高い生活を、さまざまな情報提供・イベント企画・ビジネス創生などを通して支援していきます。
私たちが好きなコトバは、映画の題名にもなった「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」。中国の大禅匠が残した禅語で「今日もいい日で良かった」という浅い感慨ではありません。日々起きることをありのままに受け止めて、何かを失ったとしても「そうか、よし、なんとか乗り越えて行こう」というアクティブな決意が込められています。
今日を積極的に生きる、そんなヒントをAAAスタッフブログは発信していきます。