いよいよ10月から大阪府池田市で65歳以上のアクティブシニアを対象にした「おとなのプログラミングカフェ」がオープンします(アクティブエイジング協会主催)。ゆったりと好きな時間にプログラミングの基礎が学べます。

2030年には65歳以上が全人口の3割を超えると予想されている日本。高齢者が介護を必要とせず、いつまでも自立して暮らせる社会を作ることは重要な課題です。また世界は益々情報社会になっています。この流れに乗り遅れないために、高齢者でも最低限のデジタル知識は欠かせない時代になっています。この様な中、地域の高齢者のデジタル・デバイドの解消や孤立を防ぐ交流の場として、気軽にプログラミングを学べる「おとなのプログラミングカフェ」の構想が協会内で生まれました。

幸いなことに、池田市のアクティブシニア応援補助金をこの事業に活用することが決まりました。ここに来れば高齢者は、プログラミングの基礎を学べるだけではなく、ITやネットの基礎も勉強することができます。スクールではないので、各人が好きな時間に来て好きな目的で過ごせます。例えば、書籍やインターネットを参考にスマホやタブレットの操作等を自習できますし、質問があれば、プログラミングインストラクターは一緒に考えサポートしていきます。それぞれがデジタルに関して学んだり遊んだり情報交換したりしながら自由な時間をここで過ごせるのです。

会場は阪急池田駅近くにあるプログラミング教室ロジカ・アカデミー本校をお借りして毎週火曜と木曜の9時30分から15時30分まで開催される予定です。開催期間は10月15日から来年3月末までの予定です。料金は2時間まで500円、2時間以上は1000円で、ソフトドリンクやお菓子が無料になっています。この取り組みは、地域を活性化させ高齢者の生活の質を高める手段のひとつになることを目指しています。これかも時々このスタッフブログでお伝えしていきたいと思います。

一般社団法人アクティブエイジング協会(AAA)は、シニアの健康でアクティブな「質」の高い生活を、さまざまな情報提供・イベント企画・ビジネス創生などを通して支援していきます。
私たちが好きなコトバは、映画の題名にもなった「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」。中国の大禅匠が残した禅語で「今日もいい日で良かった」という浅い感慨ではありません。日々起きることをありのままに受け止めて、何かを失ったとしても「そうか、よし、なんとか乗り越えて行こう」というアクティブな決意が込められています。
今日を積極的に生きる、そんなヒントをAAAスタッフブログは発信していきます。