これからのシニアライフをさらにアクティブに!

新着情報

  • HOME »
  • 新着情報

書道指導 傘寿の成果

◇丹波・中井さん 15日から展示  ◇「若い世代に魅力を」 丹波市内で50年以上にわたり、書を指導してきた同市柏原町柏原、中井春翠(本名・順子)さん(80)の傘寿記念の作品展が15日から、県立丹波の森公苑多目的ルーム(同 …

シニアのSNS利用実態に関する調査

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2018年5月21日(月)~2018年5月22日(火)の2日間 …

生活者のための不動産学への招待 第11回「高齢者の住まい方を考える~老人ホームしかないの?」

高齢期の住まい方の選択とそれぞれにかかる費用、考慮すべき法律面、資産の活用の仕方について教授する。 【キーワード】 介護保険、高齢者すまい法、リバースモーゲージ、高齢者向け住宅、リタイヤメントコミュニティ、信託 6月17 …

大企業シニア、地方に活路 丸紅など30社、お試し出向 転職3300人、経験生かす

大企業のシニア人材が出向や研修の形で地方の企業に赴任する動きが出てきた。パナソニック、旭化成など少なくとも約30社が社内制度を導入し、丸紅やみずほフィナンシャルグループも検討している。培った専門性を社外で生かしたいシニア …

世界一受けたい授業

話題の本「寿命の9割は腸で決まる!」に学ぶタイプ別便秘解消法 (1)ダイエットをする女性にはしらたき (2)働き盛りの男性には冷えたおにぎりが効果的 (3)高齢者にオススメ便秘解消最強フルーツを便秘歴25年の麻木久仁子君 …

人生の楽園「たこ飯自慢の漁師宿~香川・男木島」

舞台は香川県高松市の男木島。この地で7年前に漁師民宿をオープンした大江哲夫さん(65歳)と妻の和美さん(58歳)が主人公です。 男木島で生まれ育った哲夫さんは、島を出て、サラリーマンとして高松市街で生活を始めます。高松市 …

23.7万件 ネット通販相談、店舗を逆転

2017年に全国の消費生活センターに寄せられたインターネット通販に関する相談が23万7063件に上った。相談の内訳では「ネット通販」が最多の26.0%。「店舗購入」(25.2%)を初めて上回っており、ネット通販の普及でト …

骨太方針どう見る 高齢者学び直し 企業側も後押し

今年の骨太の方針には高齢者の社会参加を促す方針を多く盛り込んだ。重要なのはリカレント(学び直し)教育だ。65歳以上でも活躍してもらうためには、高齢になってもできる仕事を事前に学ぶ場がいる。企業によるリカレント教育を後押し …

高年齢者雇用安定法 嘱託や契約が大半

▽…正式名称は「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」。定年を過ぎた60歳以上の雇用を確保するための法律だ。企業に対し(1)定年の廃止(2)定年引き上げ(3)定年を迎えた高齢者を改めて嘱託や契約社員として再雇用する継続雇 …

浮上する「70歳定年制」 骨太の方針、高齢者活用に軸足

政府は15日の臨時閣議で、2018年の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)や成長戦略を決めた。焦点となったのが人手不足への対応策だ。外国人労働者の受け入れ拡大とともに、もう一つ目を付けたのが65歳を超えても健康な高齢者。 …

« 1 2 3 139 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.